コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. コンピューティングサービス
  4. 利用手続き

利用手続き

コンピューティングサービスを受けるには「大型計算機システム利用者番号 (アカウント)」を取得する必要があります.利用案内および利用申請の流れをご覧の上,申請手続きを行ってください.

利用案内

利用規程 京都大学学術情報メディアセンター利用規程
利用資格 次のいずれかに該当する方
  1. 大学、短期大学、高等専門学校又は大学共同利用機関の教員及びこれに準ずる者
  2. 大学院の学生及びこれに準ずる者
  3. 学術研究を目的とする国又は自治体が所轄する機関に所属し、専ら研究に従事する者
  4. 科学研究費補助金等の交付を受けて学術研究を行う者
  5. その他センター長が必要と認めた者

外国人留学生などの利用資格については「外国人及び海外在住者のスパコン利用について」,民間機関等との共同研究における利用資格については「民間機関等との共同研究における利用について」も併せてご覧ください.

利用資格を有する方が,プログラム開発等のために民間機関等に外注される場合の受注先担当者の利用手続きについては,お問い合わせフォームよりご相談ください.

利用負担金

スーパーコンピュータシステムを利用いただくには,サービスコースに応じた利用負担金をいただいております.私費では利用できません.

申請窓口 京都大学 情報環境支援センター(スパコン担当)
  • 〒606-8501京都市左京区吉田二本松町
    学術情報メディアセンター南館1階
  • TEL 075-753-7424
  • E-mail zenkoku-kyo * media.kyoto-u.ac.jp
    (* は @ に置き換えてください)
適用される
サービス例

利用申請の流れ

申請から利用開始までの手順は下図のとおりです.利用申請が完了した段階でスーパーコンピュータ(エントリコース)および大判プリンタが可能となります.別途サービスコースまたはライセンスサービスを申請することで利用可能な計算資源やライセンスを追加することが可能です.

エントリコース,ライセンスサービスを除いて,サービス申請は期間を定めた公募制となっています.公募の都度,サービスコース募集状況のページメールマガジンでお知らせしております.

利用申請の流れ

申請方法

申請書類の記入にあたっては,「大型計算機システム利用申請書 (PDF)」に記載の記入要領及び 「研究分野コード表」を参照して下さい.利用申請に関する質問がありましたら,上記申請窓口までお問い合わせ下さい.

添付サイズ
京都大学学術情報メディアセンター利用規程(PDF) 90 KB
大型計算機システム利用申請書(PDF) 278 KB
大型計算機システム利用申請書(Word) 98 KB

お試しアカウントの利用

研究室のクラスタ,PC等で実行しているプログラム・アプリケーションを,利用申請を行う前にスーパーコンピュータで試してみたいという方のために,「お試しアカウント」の制度をご用意しております.

変更・継続などの申請

既に利用者番号を取得されている方の,変更・継続などの申請については,別ページで解説しております.

一覧

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.