コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 教育用PC端末サービス
  4. 仮想型端末の利用
  5. 仮想型端末サービス

仮想型端末サービス

OSLやサテライト教室に設置されているPC端末からだけでなく,自宅や学内のどこからでもネットワークを介してPC端末サービス (Windows 10 または Linux) を利用することができます.普通教室での授業や自宅での自学自習,学内の研究室での授業の準備などにご利用いただけます.

※ 利用のためには科目担当者またはシステム管理者の許可が必要です.科目担当者の方は授業用ソフトウェアの利用申請・利用状況 (学内限定)をご参照ください.

※ 学外(KUINS II を含む)から利用する場合は,VPN 接続 (IKEv2等) が必要です.詳しくは学術情報ネットワーク(KUINS) IKEv2をご参照ください.

※ OSL やサテライト教室以外からの利用は,ワンタイムパスワード認証が必要になります(2018年5月以降).

利用のために必要なもの

パソコン ※

■Microsoft社製Windowsの場合

Windows 8.1

Windows 10

■Apple社製Macの場合

macOS 10.x

※ Windows 10 を仮想型端末として利用する場合は,Linux デバイス,iPad・iPhone等のiOSデバイス,Androidデバイス,Chromebook からの利用は許可されていません.

Webブラウザ

Google Chrome 最新版

Firefox 最新版

Microsoft Edge 最新版
※2018/6/26現在,日本語入力に問題があるため推奨いたしません

Microsoft Internet Explorer 最新版

Safari 最新版

ネットワーク

■学内の場合

学術情報ネットワーク(KUINS)

■学外の場合

インターネットサービスプロバイダが提供する
インターネット接続サービス

利用方法

PandA にログインし,当該科目のコースサイトから利用します.毎日午前4時から午前6時までは保守時間のため利用できません.

授業時間の利用

授業開始時間の60分前から授業終了時間の60分後まで利用できます.詳しくはPC端末サービスの利用方法 汎用仮想型端末をご覧ください.

授業時間外の自学自習利用

授業開始時間の60分前から授業終了時間の60分後まで利用できます.これ以外の時間は PandA の当該科目のコースサイトから予約を入れて利用します.詳しくはPC端末サービスの利用方法 汎用仮想型端末をご覧ください.

教員・TAの利用

「準備用」の仮想型端末を,授業がある日・ない日に関係なく毎日午前5時~翌日午前2時まで利用することができます.

仮想型端末の基本的な操作方法

Windows 10

Linux (Ubuntu)

FAQ (よくある質問)

よくある質問をご覧ください。

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.