1. HOME
  2. Information
  3. maintenance
  4. 【Supercomputer】 Special Maintenance on the Compute Nodes in the System B and C

コンテンツ

Maintenance

【Supercomputer】 Special Maintenance on the Compute Nodes in the System B and C

publication date : Oct.13, 2017


10月の保守作業において、システムB,CのOSを最新のRHEL7.4に更新したところ、インテルコンパイラを利用したプログラムの計算結果がNaNになる計算の異常が確認されています。

また、グループ権限を参照する機能が不安定になっており、本来参照できる
ファイルに対して、権限不足でアクセスできないケースが確認されております。

これらの不具合を解消するため、計算ノードのOSを10月保守前の状態に戻す
作業を、本日の15時より実施いたします。計算結果異常を伴うため、システムB、Cを一斉にリブートさせて頂きます。

これに伴い、現在実行中のジョブは全て再実行されます。 再実行禁止の場合は、再投入をお願いいたします。

再起動にはおよそ40分程度かかる見込みです。
再起動の最中は、ジョブの新規実行を一時的に停止いたします。

この作業は、ログインノードへの影響はありません。

利用者の皆様には,ご迷惑をおかけしますが,ご理解,ご協力をお願いたします.

The system maintenance has been completed, and all services are now restored as norma. We apologize for any inconvenience that this may have caused you.
Period 2017.10.13 15:00 ~2017.10.13 16:10
Range affected
Inquiry Supercomputing Section, IT Services Division, Information Management Department, Kyoto University
E-mail:consultkudpc.kyoto-u.ac.jp
Inquiry Form

Back to Maintenance

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.