コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 学術情報ネットワーク(KUINS)
  4. 学外からの接続
  5. 利用方法
  6. IKEv2

IKEv2

IKEv2(Internet Key Exchange Protocol Version 2)は、学外のネットワーク環境から学内ネットワークKUINS-IIIへの安全な通信を実現するVPN(仮想プライベートネットワーク、Virtual Private Network)のひとつです。これによりご自宅などの学外環境から学内制限されたコンテンツの閲覧やサーバなどへの接続が可能になります。

利用方法

利用にはクライアント証明書が必要となり、クライアント証明書取得には全学アカウント(ECS-IDSPS-ID)が必要になります。
マニュアルは以下をご参照ください。

接続に問題がある場合はこちらのよくある質問もご参照ください。

注意点

  • 接続は最大6時間です。長時間ご利用の場合は再接続をお願いします。
  • 1つのクライアント証明書で同時1接続となっております。
  • デバイス紛失した場合は急ぎクライアント証明書の失効をお願いします。

研究室への接続方法(VLAN固定接続)

通常は共通のKUINS-IIIへ接続しますが、VLAN固定接続を利用することで研究室のネットワークに接続でき、研究室内の情報リソースが利用できます。

追加の注意点

  • 吉田、宇治、桂、犬山、大津、熊取のみご利用可能です。
  • 端末には共通ネットワークのIPアドレスが割り当てられますが、IKEv2サーバ内で研究室VLANのIPアドレスに変換(NAT)されます。
  • NATのためブロードキャストやマルチキャストは利用できません、複合機やファイルサーバはIPアドレスを指定してご利用ください。

学外情報リソースの利用

VPN接続後は学内のKUINS-IIIのネットワーク環境になります。学外情報リソースの利用は学外サービスへの接続をご確認ください。

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.