コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 学術情報ネットワーク(KUINS)
  4. 学外サービスへの接続
  5. 利用方法
  6. プロキシ(代理接続)

プロキシ(代理接続)

KUINS-IIIから学外サービスへ接続する際に

ssh(22/tcp), whois(43/tcp), http(80/tcp), ConferenceMe(81/tcp, 5082/udp), pop3(110/tcp), ntp(123/udp), imap4(143/tcp), https(443/tcp,443/udp), smtps(465/tcp), IPSec(500/udp,4500/udp), msa(587/tcp), imaps(993/tcp), pop3s(995/tcp), OpenVPN(1194/tcp,1194/udp), L2TP(1701/tcp,1701/udp), pptp(1723/tcp), RTMP(1935/tcp), スパコンHPCI(2222/tcp,7512/tcp), RemoteDesktop(3389/tcp), WebEX(5004/udp, 9000/udp)
はKUINS-IIのアドレスに変換(NAT)され接続されます。

上記のすべての接続は自動処理されますので特別な設定は不要です。

利用方法

FTPなどNATで利用できない場合はアプリの設定で以下のプロキシサーバをご利用ください。

  • HTTPプロキシサーバ

ホスト名: proxy.kuins.kyoto-u.ac.jp
ポート番号: 8080

  • SOCKSプロキシサーバ

ホスト名: socks-proxy.kuins.kyoto-u.ac.jp
ポート番号: 1080

学外サーバで識別されるIPアドレス

  • NAT経由

133.3.201.0/24

  • プロキシサーバ経由

130.54.130.224/27
2001:2f8:181:8184::/64

  • PPTP利用時

133.3.254.0/24

パソコンのプロキシ設定が「設定を自動的に検出する」や「自動プロキシ検出」となっている場合はNAT経由となります。

学外システムで「学内(KUINS)からの接続」に限定したい場合は下記のネットワークで制限してください。

130.54.0.0/16
133.3.0.0/16
2001:2f8:181::/48

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.