コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 学術情報ネットワーク(KUINS)
  4. 申請方法等
  5. 無線LANアクセスポイント希望申請

無線LANアクセスポイント希望申請

  • 2022年5月より申請フォームが変更になりました。
  • 情報環境機構にて保有しているアクセスポイントの予備機が少なくなった時点で提供は中止し、故障機器の交換のみとなる予定です。

無線LANサービスにおいて新たな無線LANアクセスポイント(以下APとする)の設置を希望する場合は申請をお願いします。

申請方法

京都大学の教職員の方より

  • 設置希望場所(建物名、部屋番号、部屋名など。部屋番号等で場所が特定できない場合もありますので、設置希望場所を記載した図面もお送りください。手書きでも結構です。)
    ※ 情報環境機構からのAP提供を希望される場合、一度に複数台の申請をされても複数台のご提供は出来かねますので、最優先の1箇所に絞って申請をお願い致します。
  • 無線LANの利用用途及び想定されている使い方(講義のため、インターネットやメール閲覧程度、等なるべく詳細に)
  • 最大の同時接続端末数
  • 設置希望場所の電波状況(全く電波が入らない、部屋のこのあたりの電波が弱い、など)
  • 設置希望時期(急ぎで設置が必要な場合、理由も記載ください。通常は年2回の締切以降の設置となります。)

申請書に記載して提出をお願いします。q-a at kuins.kyoto-u.ac.jp (atを@に変えてください)宛に申請書と図面をメールでお送りください。KUMailストレージなどに置いていただく形でも結構です。

申請の注意点

  • 毎年度2回、7月15日及び12月15日を締め切りとし当該期間内に頂いた設置申請を取りまとめ、部局あたり1台程度を提供いたします(*)。そのため、必ず部局内で合意を取ってから申請いただくようお願い致します。1部局より複数の申請が来ても受理致しませんのでご注意ください。
  • 締め切り後、2-3週間程度で検討結果のご連絡、機器のご提供(提供可と判断した場合)の予定です。
  • 部局側の負担について下記を必ずご確認ください。
*) 情報環境機構では予備機として数台保有しておりますが故障交換等が主な目的であり、その中からの提供となるため数に限りがございます。設置申請されても必ずしもご要望にお応えできるわけではございませんのでご理解のほどお願い致します。

AP設置の目安

  • 講義室や会議室など共有スペースを優先
  • 研究室は室内ではなく廊下設置で複数居室をカバー
  • AP1台で50台程度の端末または100m2を目安

機器や工事費用の負担

機器購入

  • 新営建物の場合は部局にて機器購入をお願いします。
  • 締め切り前に至急導入したい場合は部局にて機器購入も可能です。
  • 部局で購入される場合はメーカや機種名をご連絡しますのでお問い合わせください。購入費用は、吉田・宇治・桂キャンパスのAPは1台あたり約20万円、それ以外の隔地キャンパス・遠隔地拠点のAPは1台あたり約5万円です。
  • 機器の納期は、吉田・宇治・桂キャンパスのAPは1ヶ月半から2ヶ月程度(2021年12月時点で、半導体不足等の影響により4ヶ月程度となっています)、それ以外の隔地キャンパス・遠隔地拠点のAPは3週間程度となっています。特に年度末はご注意ください。
  • APはKUINSで運用管理しますので、部局で購入いただいたAPはKUINSに所属替えをしていただくことになりますがご了承ください。

※ 現行APが販売終了となりましたので、ご購入いただけなくなっております。

工事費用

  • 情報環境機構からの機器提供に関わらず配線や機器設置費用は部局負担となります。
  • 工事内容は「KUINS末端スイッチからAPまでの新規配線」及び「APの壁や天井へ固定設置作業」となり、数万円程度となります。LANケーブルはCat6をご指定ください。予算未定であれば申請後のキャンセルも可能です。
  • 工事業者については、施設担当の方にご確認ください。
 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.