コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. ホスティングサービス
  4. 利用手続・規程類
  5. 利用申請について

利用申請について

利用申請時について

従来の申請用サイト「申請負担金システム」は、2018年5月末をもちまして廃止いたしました。
VMホスティングサービス・WEBホスティングサービスの申請(新規・変更・追加・停止)をご希望の方は
こちら(学内限定ページ)をご覧ください。

申請時に入力する仮想ホスト名(ドメイン名)について

本サービスでは,WEBサイトのURLとして使用する「仮想ホスト名」を決めていただいた上で,サービスを申請いただく必要があります.
本サービスでご利用いただく仮想ホスト名は,原則的にホスト名.所属部局サブドメイン.kyoto-u.ac.jpとなります.ホスト名は任意の文字列で定める事ができますが,必ず部局内で了承が得られたものをご利用ください.

なお,kyoto-u.ac.jpドメイン直下に部局などの新たなサブドメインを新設される場合はKUINSへサブドメインの申請を行う必要があります.サブドメインの申請方法は学術情報ネットワーク(KUINS)/サブドメインのページをご覧ください.kyoto-u.ac.jp直下のサブドメイン(部局のドメイン)は京都大学(kyoto-u.ac.jp) ドメイン内サブドメイン一覧のページで確認する事ができます.黒字で書かれているドメインはKUINSがネームサーバを管理するサブドメインです.

VMホスティングサービスとWEBホスティングサービスはDNS設定変更手続きをKUINS-DBを用いて行います.設定するDNSの情報は申請受付完了時にお伝えします.なお,部局管理のサブドメインについては,KUINS-DBで申請をした後,部局のDNS管理担当者にDNS設定を依頼する必要があります.
WEBホスティングサービスはDNSの設定がされるとインターネットからサイトの閲覧が可能になります.逆にDNSの設定を削除をすれば,インターネットから閲覧できなくなります.

KUINS-DBのご不明な点につきましては学術情報ネットワーク(KUINS)にお問い合わせください.

メール転送サービスはDNS設定変更手続きについて,KUINSが管理しているサブドメインのDNS登録は学術情報基盤担当が手続きを代行します.部局管理のサブドメインに関しては部局のDNS管理担当者に利用者からDNS設定を依頼する必要があります.

ホスティングサービス専用の利用者番号について

ホスティングサービスの利用申請で発行される利用者番号はホスティングサービス専用であり,この利用者番号でスーパーコンピュータは利用できません.スーパーコンピュータを利用される場合は,スーパーコンピュータ用に大型計算機システム利用者番号(利用負担金必要)を別途取得してください.

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.