コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. ホスティングサービス
  4. 利用手続・規程類
  5. 利用開始後の各種手続きについて(変更・終了手続き)

利用開始後の各種手続きについて(変更・終了手続き)

本サービスの利用開始後,以下の項目について申請内容の変更や追加などを受付しております.

サービス利用申請情報の変更

担当者の異動などでサービス利用申請に入力いただいた次の情報に変更が生じた場合は,利用申請情報の変更手続きを行ってください.

  • 利用者(申請者)
  • 支払責任者
  • 支払い費目

申請ご希望の方は情報環境支援センターまでご連絡ください。(連絡先は本ページ末尾に掲載)

サービスの利用終了

サービスの利用を終了される場合は,情報環境支援センターまでご連絡ください.(連絡先は本ページ末尾に掲載)

FTP接続可能なアカウントの追加・削除

WEBホスティングサービスで使用するFTPサーバは,利用者以外の方の各種アカウントにも共同利用者としてアップロード権限を付与することができ,複数の方でコンテンツの更新を行っていただけます.
権限付与できるアカウントは教職員が持つSPS-ID,学生・研究生などが持つECS-IDと,学外の外部委託業者に発行する業者IDです.アカウントの追加ならびに削除の手続きは下記の通りです.

他の教職員や学生にアップロード権限を追加・削除する

ホスティングポータル」にログインし,共同利用者の設定をしてください(設定は利用申請者の方のみ実行可能です).仮想ホスト一覧の[利用者]ボタン,または,[仮想ホスト詳細表示]画面の[共同利用者]ボタンを押すと,FTPサーバへ接続可能な共同利用者のIDを設定することができます.「追加」ボタンを押して追加したいIDを入力し「ID 存在確認」をクリックしてください.最後に「登録ボタン」を押せば登録が完了します.

外部委託業者にアップロード権限を付与する

業者名・業者連絡先(電話とメール)・財会システムの業者取引先番号・作業期間をご確認の上,利用者の方から「業者アカウントの申請フォーム」から申請いただくと業者作業用アカウントを発行します. なお,業者IDの発行を受けるには,ホスティング・WEBホスティングサービス業者ID利用規約に同意していただく必要があります.

オプションやパッケージの変更

ホスティングサービスのいくつかのオプションやパッケージは利用開始後に追加・変更ができます. 希望される場合,まずはメールでお問い合わせください.

ディスク容量

WEBホスティングサービスの公開スペースは,5GB,20GB,50GBの3つのプランを用意しています.上限を大きくするプラン変更は,申請いただければいつでも適用することができます.上限の小さくするプラン変更は,変更申請をいただいた後,翌年度の利用から有効となります.

VMホスティングサービスでは,搭載するディスクの容量を後から追加することができます(減らすことはできません).また,現在ご利用中のボリュームにサイズを拡張する形での増設はできませんので,別途用意したボリュームを新たに追加でマウントする形になります.
どうしてもディスク容量の縮小や1ボリュームの状態を維持しての増量が必要な場合は,そのディスク容量にて新たなVMを作成し提供しますので,そちらに移行いただく形となります(移行中は2台のVMをお渡ししている状態になりますが,負担金を2重に請求することはございません).
なお,増量を行う作業の中でVMの再起動が必要になります.再起動を実施するタイミングは原則,平日の業務時間内の中から調整いただきますようお願い致します.

VMスペックの増強

VMホスティングサービスでは,VMのCPUコア数とメモリのスペックを後から増量することができます.
なお,増量を行う作業の中でVMの再起動が必要になります.再起動を実施するタイミングは原則,平日の業務時間内の中から調整いただきますようお願い致します.

パッケージの変更

WEBホスティングサービスでは利用開始後も標準パッケージからCGI/PHPパッケージ、またはその逆の変更がいつでも可能です. また,申請時にWordPressパッケージを選択されていなかった方も,CGI/PHPパッケージをご利用中であれば,後からWordPressを設置いたします(ただし,既にWebコンテンツが置かれている場合は,WordPressパッケージとCGI/PHPパッケージの差分データを別のディレクトリを作成する形で提供させていただきます).
パッケージの変更はクラウドコンピューティング掛までメールにてお問い合わせいただければ実施いたします.

ネットワークに関する手続き(KUINS)

本サービスに関するネットワークの手続きはKUINS-DBからKUINSに依頼をします.
KUINSに依頼が必要になる具体的な項目は次の通りです.

  • 新規ホストの登録・削除(WEB/VMホスティング共通)
  • 機器管理責任者の変更(WEB/VMホスティング共通)
  • DNS登録の変更(WEB/VMホスティング共通)
  • ポートの開放(VMホスティングのみ)
  • SSL証明書の発行(VMホスティングのみ)

KUINSへの申請内容の詳細については,利用者ごとに入力内容が異なるため,ホスティングサービスの利用開始時に送付される申請受付完了メールの文中でお伝えしております.

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.