コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. ホスティングサービス
  4. マニュアル・ガイドブック類
  5. コンテンツ作成ガイド
  6. CMS(コンテンツ管理システム)の利用

CMS(コンテンツ管理システム)の利用

コンテンツ作成ガイドTOPに戻る

CMSを利用したWebコンテンツ管理

CMSとは

CMSとはコンテンツマネージメントシステムの略で,Webページ内で公開するドキュメントや画像のコンテンツの追加・更新・削除といった管理をWebブラウザから管理することができます.

通常,Webページを公開するためにはHTMLをWebページを作成し,更新するたびにファイル転送ソフトなどでアップロードする必要があります.

これをCMSで作成し公開する場合は,Webブラウザ上でページレイアウトのひな形(パターン)を選んでテキスト文章を入力し,掲載する画像を選択するだけでWebページを公開できます.

また,掲示板などのWebアプリケーションを取り入れたい場合でも,通常ではWebアプリケーションを設計しPHPなどの言語でプログラムを実装するか,公開されているサンプルプログラムを探し出す必要がありますが,CMSならば,これらが機能として含まれ,使用する機能を選択するのみで利用できます.

CMSを利用したWebコンテンツ管理

CMSを利用するとWebコンテンツを作成・管理するために必要な労力を軽減する事が可能になります.ただし,従来からのHTMLタグで作成するWebページの仕上がりに比べ,レイアウトの自由度など表現の幅に制約が出てくる事があります.

CMSはPHPやCGIによるWebアプリケーションとして提供されているため,これらが利用できるサーバ環境下で動作します.VMホスティングサービス並びにWEBホスティングサービスのCGI/PHPパッケージとWordPressパッケージではPHP・CGI共にサポートしていますので,使用したいCMSをダウンロードしてインストールすることが可能です.CMSは商用やオープンソースなどを含めて様々なパッケージが開発されています.

WEBホスティングサービスで導入できる代表的なCMS

    商用のCMSを利用する場合,ライセンス料は利用者負担となります.

    なお,ここに記載していないCMSでも,WEBホスティングサービスの動作用件を満たしているものであれば,利用は可能です.ただし,WEBホスティングサービスは多数の利用者が同じサーバ環境を共有して使用する性質上,CMSの導入のためにサーバのパラメータの変更やモジュールの追加,サーバへのアプリケーションのインストールなどの要望はお受けできません.

    このようなケースでは,占有の計算機環境を提供するVMホスティングサービスを申請いただき,そこでWebサーバを動作させてご利用ください.

    SSL設定

    CMSにはユーザ認証によるログイン機能が搭載されています.ここで,サーバクライアント間の通信を暗号化していない場合,認証時に入力したIDやパスワードが第3者に漏れる危険性がありますので,SSLの利用を推奨します.

    WEBホスティングサービスやVMホスティングサービスでSSLを利用する場合,追加で負担金は発生しません.また,特に指定がない限りは,NIIが提供するUPKI オープンドメイン証明書を用いますが,この証明書も無償で発行を受ける事ができます(他機関の証明書を用いる場合,発生する費用に関しては,利用者の負担となります).

    セキュリティ対策について

    近年のCMS利用増加に伴って,CMSの脆弱性を狙ったWebサイトへの不正アクセスや改ざんなどの攻撃も多発しています.CMSを導入される場合は,CMS提供元で公開される最新版にはセキュリティパッチなど重要な更新も含まれている場合が多いですので,アップデート情報をこまめに確認し,必ず最新のバージョンでの利用を心がけてください.

    また,CMS内で機能を追加・拡張するプロダクトやモジュール(呼称はCMSによって異なります)などを使用している場合は,それらのアップデートも忘れずに行ってください.

    なお,CMSにはWebサーバのApacheユーザで直接public_html内のコンテンツを書き込むタイプの物もあります.これらは,サイトの改ざんや他のサーバへの攻撃を行うスクリプトをサイト内に埋め込みやすい特徴から,特に攻撃の対象になりやすい傾向があります.どのCMSを使用されるかを検討される際は,この点にも留意してください.

    WordPressパッケージでのCMS導入

    ここではWEBホスティングサービスWordPressパッケージを利用してCMSを導入する際のインストール手順と最新版が公開された場合のアップデート手順を解説します.なお,WordPressでのWebサイトの作成と管理についてはWordPress公式サイトをご覧ください.

    ここから先の説明の画像はバージョンにより画面やファイル構成・入力項目が多少異なっている可能性がありますのでご注意ください.(WordPressパッケージでは申請時での最新バージョンにてWordPressが提供されます)

    1.インストール

    申請時のドメイン名をWebブラウザのアドレスバーに入力しサイトへアクセスするとインストール画面が表示されます.

    なお,KUINSによるDNS登録が行われていない段階では,アクセスしても表示されません.その場合は公開前テスト用のプロキシサーバをブラウザに設定するかhostsファイルに公開するIPアドレスを設定することで,インストール画面を表示できるようになります(インストール画面は学内からのアクセスに対してのみ表示するよう,アクセス制限がかけられています.学外ネットワークからインストールする必要がある場合は.htaccessファイルを編集しアクセス制限を解除してください).

    WPパッケージインストール画面

    インストール画面では次の項目を入力します.

    • サイトのタイトル
    • WordPressの管理者ユーザ名
    • 管理者ユーザ名のパスワード
    • 連絡先メールアドレス

    WordPressのユーザ名は公開するWebサイトのWordPress内でのみ有効なアカウントになります.インストール画面で登録するユーザ名にはサイトを編集できる管理者権限が付与されています.ここで登録したユーザ名で,WEBホスティングサービスのFTPサーバやデータベースへはアクセスできませんのでご注意ください.

    パスワードは安易に推測できないものを指定します.強度インジケーターに入力されているパスワードのセキュリティ強度が表示されますので,参考にしてください.

    必要事項を入力し「WordPressをインストール」ボタンを押すとインストールが実行されます.インストールに成功すると下記のページが表示されます.

      WPインストール完了画面

      次に管理画面へのログイン画面が表示されますので,インストール時に登録したWPのユーザ名とパスワードでログインしてください.

      WPログイン画面

      2.最新版への更新

      WEBホスティングサービスWordPressパッケージでは,サービス申請時点での最新版のWordPressを提供しています.ただし,提供以後に公開されたバージョンへのアップデートは利用者自身で行う必要があります.

      WordPressでアップデート作業が必要になった場合はダッシュボード(サイト管理画面)の上部にメッセージが表示されます(重要な案内が掲載されていることもありますので,サイトの更新を長期間行わない場合も,定期的に管理画面にはログインするようにしてください).

      WP更新通知

      メッセージをクリックすると,WordPressの更新画面が表示され更新できる項目の一覧が表示されます.「いますぐ更新」ボタンで更新を実行してください.

      WP更新画面1

      更新時にはFTPサーバへの接続画面が表示されます.ホスト名には本サービスのFTPサーバとポート番号を入力します.

      ftpserv.iimc.kyoto-u.ac.jp:ポート番号

      FTPユーザ名はWEBホスティングサービスでファイル更新者として登録されているFTPサーバに接続可能なアカウント(SPS-ID・ECS-ID・業者用アカウント)のいずれかを入力します.WordPressのユーザ名では更新できませんのでご注意ください.

      WP更新画面2

      「開始」ボタンを押すとアップデートが開始されます.

      WordPressには,自動更新でFTPを使用せずWebサーバのApacheがファイルを直接上書きするモードも有りますが,これらの機能を悪用できる脆弱性が新たに発見された場合に改ざんなどの被害を受けやすくなる可能性があります.自動更新機能はFTPモードにて使用していただきますようお願いします.

      自動更新によるアップデートは,まず初めにWordpressのファイルが最新版に更新され,次にデータベースが最新版に更新されます.なお,自動更新によるアップデートでは,データベースの更新時にエラーが出るケースがございます.その場合は,wp-admin内のupgrade.phpを実行し,手動でデータベース更新を実行することで解決します.

      コンテンツ作成ガイドTOPに戻る

       

      Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.