コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 全学メール
  4. 利用手続・規程類
  5. ウィルス スパムチェック

ウィルス スパムチェック

ウイルススパムチェック

教職員用メールおよびメールホスティングサービスではウィルスチェックとスパムチェックのサービスを行っています.

・ ウィルスと判断した添付ファイルは自動で削除
・ スパムと判断したメールのヘッダに「X-Kuins-Spam: Spam」を付与

教職員用メールではスパムのヘッダが付与されたメールを受信すると,初期状態では「SPAM」というフォルダに移動するような設定になっています. 適宜「SPAM」フォルダも確認していただくようお願いします.
またスパムのヘッダが付与されていると学外メールサーバへの送信ができません.
スパムの判断はシマンテック社のデータベースを利用しており、本学で判定基準 を変更することができません. お手数ですが以下の点にご留意して再送信をお願いします.

・HTMLメールは避けてテキストメールにしてください
・できる限りファイルの添付を避けてください
・できる限りURLを記載しないでください

文面を修正して送信してもスパムと誤判定され続ける場合は お問い合わせください.
また正規メールの誤検知やSPAMメールの未検知などはこちらにあるように シマンテック社に24時間以内に送信していただけると フィルタ改善される可能性があります.

メール受信制限

多量のスパムを送信するメールサーバに対してメール受信量を制限しています.
も し特定メールサーバから受信しない場合は,送信するメールサーバのIPアドレスを調べて シマンテック社のブラックリストサイトでご確認ください.
同サイトから解除申請も可能です.

送信者が共有ホスティングサービスをご利用の場合,他の利用者が多量スパムを発信して評価が下がっている可能性があります.極力専用ホスティングサービスをご利用ください.

IPアドレスが不明な場合はエラーで返信されたメールを 添付してお問い合わせください.

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.