コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 全学メール
  4. メールホスティングサービス

メールホスティングサービス

サービス概要

メールホスティングサービスは、部局ドメイン宛てのメールを受け取り、事前に登録されたメールアドレスに転送する無料サービスです。

このサービスを利用すると、部局で管理していたメールサーバを廃止しても、現行の部局メールアドレスをそのまま利用できます。ただし、本サービスには受信サーバ(スプール機能:メール保管場所)が無いため、転送先に設定したアドレスで受信サーバを持っている必要があります。

転送設定はWebインタフェースで簡便に行うことができ、大量の転送設定はCSV形式のファイルから一括で行うこともできます。

メール送信時は、認証付メール送信サーバ(smtp-auth.kuins.kyoto-u.ac.jp)をご利用になれます。

基本機能

  • 部局ドメイン宛てのメールを全学メールアドレス(KUMail, KUMOI)に転送する。

(例)tkyodaiアットマークbukyoku.kyoto-u.ac.jp宛てのメールをkyoudai.taro.9zアットマークkyoto-u.ac.jpに転送

  • 部局ドメイン宛のメールを全学メール以外に転送する。※転送先は学外でもかまいません。

(例)tkyodaiアットマークbukyoku.kyoto-u.ac.jp宛てのメールをkyodaitaroアットマークexample.comに転送

  • 部局ドメイン宛のメールを複数のメールアドレスに転送する。※mailmanというソフトを利用したメーリングリストです。

利用対象と制限事項等

利用対象:

部局等のメールアドレスに限ります。具体的には、kyoto-u.ac.jp配下のサブドメイン、またはサブサブドメインに限ります。

例: @bukyoku.kyoto-u.ac.jp 、@sub.bukyoku.kyoto-u.ac.jp

※DNSの設定を行う際にドメイン管理者の許可が必要です。

利用責任者:

当該部局等における本サービスの利用管理者です。当該部局の教職員に限ります。

※管理画面のログインにSPS-IDが必要です。

利用期間:

承認日から当該年度の3月31日までとします。ただし、2月末日までに利用責任者から利用停止の申し出がない場合は、1年間更新いたします。

利用停止を希望する場合は、停止申請をお送りください。

申請と承認

申請:

利用責任者の方から利用申請書(ページ下部に掲載)を記入の上、下記宛先にメールで提出してください。

申請書の宛先: kumail-tf*media.kyoto-u.ac.jp ('*'は'@'に置き換えてください。)

承認:

情報環境機構にて承認されましたら、承認書及び設定情報を利用責任者にメールで送付します。

サービスの開始

情報環境機構より承認書が届きましたら、利用責任者は操作説明書(ページ下部に掲載)をご参照の上、メールホスティングサービスの設定を行ってください。

設定完了後、承認書に記載のとおりDNSを設定していただきますとサービスが開始されます。

送信サーバ設定

メールホスティングサービスのメールアドレスを差出人にしてメール送信する場合、
KUMailをお使いの方は、下記ページ「差出人アドレスの変更方法」を参考にしてください。

http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/mail/kumail/use/guide.html

KUMOIをお使いの方は、下記の送信サーバをメールソフトに設定してご利用ください。

サーバ名: smtp-auth.kuins.kyoto-u.ac.jp
ポート: 465
ユーザ名: ECS-ID
認証方式: SSL/TLS

各種資料

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.