学習支援サービス(PandA)

サービス全般のご案内
学習支援システム(PandA)

コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 学習支援サービス(PandA)

学習支援サービス(PandA)

平成25年度前期よりSakaiによる学習支援システム(愛称:PandA)を運用開始しました.

学習支援システムは授業と連動するコンテンツを WWWブラウザから教員と学生が利用するサービスです.このサービスを受けるには学生アカウント(ECS-ID)または教職員アカウント(SPS-ID)が必要です.

学習支援システム(PandA)の入口

学習支援システム(PandA)の利用はこちら

PandAへのログイン時のIDは,教職員の方は SPS-ID,学生の方は ECS-ID を入力してください. また,非常勤講師の方はECS-IDでログインしてください.

PandAとコースサイト開設・履修登録の連携について

PandA は KULASIS と連携して科目と担当教員および履修情報が自動登録されています.ただし,一部の学部・研究科の科目については自動登録されていません,連携状況については

PandA 科目・履修連携情報 (2017/10/16 現在)

をご覧ください.

サイトの開設方法【教職員の方へ】

サイトの開設方法は下記の「教員用マニュアル」をご覧ください.なお、連携状況は学部・研究科およびKULASISの状況に応じて更新されます.

PandA 科目・履修連携情報のコースリンクツール欄が「-」となっている学部・研究科のコースサイトはKULASISから開設が行えませんので,コース開設を希望される場合は,申請フォームにご記入のうえ,教育用システム管理掛までお送りください.

KULASISと連携されていない科目の場合はプロジェクトサイトを開設いたしますので,サイト開設を希望される場合は,プロジェクトサイト申請フォームに記入のうえ,教育用システム管理掛までお送りください. (プロジェクトサイトは履修情報との連携は行えません.).

非常勤講師の方へ

PandAの利用には、SPS-IDまたはECS-IDが必要です。また、KULASISからのコースの開設が行えませんので、コース開設を希望される場合は、教育用システム管理掛までご相談ください。

Kaltura による動画利用【教職員の方へ】

PandAから利用可能な、動画作成・管理・公開サービス「Kaltura(カルチュラ)」を導入いたしました。
「Kaltura(カルチュラ)」では、あらかじめ用意した動画をPandAのサイト上での公開したり、WebCamを使った映像撮影、選択形式のクイズ動画やパワーポイントを使ったレクチャー動画の作成、簡易的な編集(トリミング)などが行えます。
利用には別途登録が必要です。利用を検討・希望される場合は、教育用システム管理掛までご相談ください。

利用マニュアル

PandAで数式を入力するには

学習支援サービス(PandA)よくある質問

サービス紹介

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.