コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 学術情報ネットワーク(KUINS)
  4. 京都大学学術情報ネットワークシステム (KUINS)

京都大学学術情報ネットワークシステム (KUINS)

KUINS(クインズ:Kyoto University Integrated information Network System)とは、京都大学の全学的なコンピュータネットワークのことです。KUINSネットワークは、吉田キャンパス、宇治キャンパス、桂キャンパスをはじめ、熊取(大阪府泉南郡)や犬山(愛知県犬山市)などの遠隔地まで、本学の主要部分をカバーしています。学外とはSINET4(国内の学術研究用ネットワーク:国立情報学研究所が運用管理)等を介して接続されています。

KUINSには、グローバルIPアドレスで構成されるKUINS-IIと、プライベートIPアドレスで構成されるKUINS-IIIの二種類の利用区分があります。主に、学外と直接通信するサーバ類にはKUINS-IIを、直接通信をする必要のない個人のPCなどにはKUINS-IIIを利用します。

KUINSネットワーク内には随所にファイアーウオール、不正アクセス監視装置、ウイルスチェックサーバ・SPAMメールチェックサーバ、SMTP-AUTH 認証による認証つき送信メールサーバ等を導入して、セキュリティ対策を行っています。ネットワーク管理については、基幹ルータ・基幹スイッチの部分から、学内各施設の部屋に設置されている情報コンセントや、学内無線LANのアクセスポイント(みあこネット)までを維持・管理しています。また、提供サービスとして、サブドメインの利用申請・VLANの利用申請の受付・発行・管理、VPN接続サービスの管理運用等も行っています。

kuins_img_01.gif
 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.