コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 学術情報ネットワーク(KUINS)
  4. 学外サービスへの接続
  5. 利用方法
  6. プロキシ(代理接続)

プロキシ(代理接続)

KUINS-IIIから学外サービスへ接続する際に

ssh(22/tcp), whois(43/tcp), ConferenceMe(81/tcp, 5082/udp), pop3(110/tcp), ntp(123/udp), imap4(143/tcp), https(443/tcp), smtps(465/tcp), IPSec(500/udp*), msa(587/tcp), imaps(993/tcp), pop3s(995/tcp), OpenVPN(1194/tcp,1194/udp*), L2TP(1701/tcp,1701/udp*), pptp(1723/tcp), RTMP(1935/tcp), スパコンHPCI(2222/tcp,7512/tcp), RemoteDesktop(3389/tcp)
はKUINS-IIのアドレスに変換され接続されます.
また
http(TCP/80)
は透過型プロキシサーバを経由して接続されます.

上記のすべての接続は自動処理されますので特別な設定は不要です.

* IPSec, OpenVPN, L2TPのUDPポートはKUINS-DBの備考欄にて接続先IPアドレスの申請が必要です.

利用方法

【学内から電子ジャーナルを利用する場合】

プロキシサーバの設定が必要です.

自動構成ファイル: http://wpad.kuins.net/proxy.pac

下記の利用マニュアル等をご確認ください.

Internet Explorer

‐Firefox
[ツール][オプション][詳細][ネットワーク][接続設定]で
自動プロキシ設定スクリプトURL「http://wpad.kuins.net/proxy.pac

‐Safari
[システム環境設定][表示][ネットワーク]
有線なら[Ethernet] 無線なら[Wifi]
[詳細][プロキシ][自動プロキシ構成]で[URL]に
http://wpad.kuins.net/proxy.pac

【KUINS-IIから電子ジャーナルを利用する場合】

自動構成ファイル: http://wpad.kuins.net/k2-proxy.pac

又は
ホスト名: www-cache.kuins.kyoto-u.ac.jp
ポート番号: 8080

【FTPサーバご利用の場合】

ホスト名: ftp-proxy.kuins.net
ユーザ名: [接続先のユーザ名]@[接続先のホスト名]
パスワード: [接続先のパスワード]

【SOCKSプロキシサーバご利用の場合】

ホスト名: socks-proxy.kuins.kyoto-u.ac.jp
ポート番号: 1080

学外サーバで識別されるIPアドレス

  • プロキシサーバ経由

130.54.130.224/27
133.3.240.0/24

  • NATサーバ経由

133.3.201.0/24

  • PPTP利用時

133.3.254.0/24

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.