コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 情報セキュリティ
  4. 参考資料
  5. 遠隔会議システム運用上の注意

遠隔会議システム運用上の注意

  1. 管理者 ID のパスワード設定を確認し設定する
    管理者 ID のパスワードが初期設定のままであれば変更すること.
    パスワードは,京都大学全学情報システム利用者パスワードガイドラインにもとづき設定するとともに定期的に変更すること.
  2. 脆弱性のあるバージョンでないか,下記の「遠隔会議システムのセキュリティ更新情報リンク集」から確認すること.
  3. リモートアクセス設定で,「Web」,「Telnet」,「SNMP」,「FTP」は原則としてすべて無効に設定すること.
  4. 業者に保守を依頼する場合は,その都度,管理者 ID のパスワードを変更し,常用のパスワードは業者に知られないようにすること.
 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.