コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. ソフトウェアライセンスの管理
  4. 手続き等
  5. サポートを行っているソフトウェア一覧

サポートを行っているソフトウェア一覧

MATLAB
特徴 アルゴリズム開発,データの可視化,数値計算を行うためのハイレベルなテクニカルコンピューティング言語および対話型環境であり,信号・画像処理,通 信システム設計,制御系設計,実験計測,金融工学,生命工学などの様々な分野で利用できます.また,Toolbox(目的別のMATLAB関数群)を使用することにより,容易にMATLAB環境を拡張し,対象分野に特化した問題を解決することができます. これらは,大型計算機システムにて利用することができます.
関連リンク MATLAB:MathWorks Japan(マスワークスジャパン)
詳細情報 大型計算機システム 利用可能なソフトウェア
京都大学MATLAB組

ページの先頭へ

MAPLE
特徴 数式処理ソフトウェアとして評価の高いソフトウェア.豊富な組み込み数学コマンドを持ち,二次元プロット,三次元プロットのグラフ表示ができます.これらは,大型計算機システム,教育用コンピュータシステムにて利用することができます.
関連リンク 数式処理システム Maple :サイバネットシステム
「Maplesoft社 Application Center」
詳細情報 企画・情報部 情報推進課 研究情報掛(ソフトウェアライセンス管理担当)で受け付けております。

ページの先頭へ

ChemOffice
特徴 パーキンエルマージャパン社とChemofficeの全学ライセンス契約を結んでいます.このソフトウェアに含まれるChemdrawは,代表的な化学構造式描画プログラムの一つで,化学構造式を含む文書作成が行えます.京都大学生協に業務委託をしており,京都大学生協で安価に購入することができます.利用者が多くなるほど安価になります.
関連リンク 株式会社パーキンエルマージャパン
備考

ページの先頭へ

ArcGIS
特徴 ArcGISユーザ会が,ESRIジャパン株式会社からアカデミックパックを購入し,ユーザ会に登録した教職員・学生にライセンスを配布します.ArcGIS Advancedの機能が使えますが,ArcGISサーバー製品(ArcGIS Image Server, ArcGIS GeoEventServer)は使用できません.これにより,本学の教職員が相応の利用負担金で利用することができます.申し込みは、研究室単位でお願いいたします.基本的には,利用する研究室が多くなるほど安価になります.
関連リンク ArcGIS アカデミックパック
詳細情報 ArcGISユーザ会の申し込みは,氏名,所属,配信先アドレスを明記して下記までご連絡ください.
■ご連絡先
農学研究科 神崎 護
Mail:mkanzaki#kais.kyoto-u.ac.jp (「#」を「@」に変更してください.)
 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.