コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 教育用PC端末サービス
  4. 利用手続・規程類
  5. 仮想型端末の授業利用手続き(教員向け)

仮想型端末の授業利用手続き(教員向け)

授業で仮想型端末(VDI)を使う場合には、利用申請書の送付による申し込みが必要です。

申し込みをすることで、以下のリンク先に記載しているソフトウェアを導入した仮想型端末(VDI)が使用可能になります。

▼【学内限定】授業用ソフトウェアの利用申請・利用状況 > 利用できるソフトウェア
https://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/ecs/class/

一覧に記載のないソフトウェアを授業で使いたい場合にも、利用申請書による申し込みが必要です。

【授業利用までの流れ】

  1. 利用申請案内の受領
  2. 利用申請書の記入(VDIの利用希望、使用するソフトウェアなど)
  3. 利用申請書の送付
  4. 動作確認
  5. 授業利用前の準備
  6. 授業利用

1. 利用申請案内の受領

情報環境機構から、PC端末サービスの利用申請について受け付けを開始したことを周知しますので、各部局の教務掛経由で受け取ったメールを確認ください。周知時期が来ても案内が来ない場合は、各部局の教務掛もしくは情報環境機構の『お問い合わせフォーム』からお問い合わせください。

学期周知時期
前期・通年科目 11 月下旬頃
後期科目 5 月下旬頃

2. 利用申請書の記入

以下の利用申請書に必要事項を記入してください。

<学内限定>

利用申請書はExcel ファイルとなっていますので、PC 環境により正常に開けない場合はPDF ファイル版をご使用ください。 PDFファイルを印刷して手書きで記入の上、学内便で送付いただいても結構です。
導入済みのソフトウェア一覧については以下URLに掲載しています。
https://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/ecs/class/ (学内限定)

PC 端末は再起動等で初期化される特殊な環境になっています。 ソフトウェアのインストールは管理者による特殊なインストールが必要になり、基本的に個人ではインストールできませんのでソフトウェアの導入を希望される方は必ず申請をしてください。なお、教育コンピュータシステムのソフトウェアは原則として授業に必要なもののみ導入しています。 容量の制限もありますので、極力必要のないソフトウェアの導入申請は控えて頂きますようお願いします。

3. 利用申請書の送付

申請期間

利用申請書の受付期間は、以下の通り年2回となっています。

学期申請期間
前期・通年科目 11 月下旬 ~ 12 月下旬
後期科目 5 月下旬 ~ 6 月下旬

【ご注意ください】

  • 申請期間を超過しますと次の学期での導入となりますので、必ず申請期間内に送付してください
  • 昨年度に本サービスをご利用されていた場合でも、毎学期ごとに利用申請書を送付いただく必要があります。

送付先

以下のいずれかの方法で利用申請書を送付します。

【企画・情報部情報基盤課学習用メディア管理掛】

  • メール:edu-soft * mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (* を アットマークにしてください)
  • 学内便:学術情報メディアセンター南館1F 学習用メディア管理掛

4. 動作確認

端末環境の準備が整いましたら、情報環境機構よりその旨をご案内いたします。

学期動作確認期間(予定)
前期・通年科目 3月上旬~中旬頃
後期科目 9月上旬~中旬頃

授業利用に問題が無いか、以下のURLよりアクセスし、SPS-ID または ECS-ID でログインして動作をご確認ください。

▼動作確認用URL
https://vdi.ecs.kyoto-u.ac.jp
※上記動作確認期間はシステムの状況により前後することがあります。

5. 授業利用前の準備

授業の前日までに以下の作業が必要です。作成方法を参考に準備ください。

作業内容作成方法など
必須 PandAコースサイトの作成 PandA 公式ガイドブック(教員用マニュアル) P.5
必須 VDIリンクの作成 PandA のVDI リンク作成 <学内限定>
必要時 TA登録 PandA 公式ガイドブック(教員用マニュアル) P.11 [参加者を登録する]
必須 シラバスなどでの 周知 (※1)

(※1)履修学生のVDI 利用者登録は、KULASIS の履修情報と連携して自動的に行われます。学生に対して、必ず " 授業前日まで " にKULASIS で履修登録するよう、シラバスなどで事前に周知をお願いします。

6. 授業利用

授業では学生・教員ともに Webブラウザから PandA 経由で、VDIに接続して使用します。

VDI接続方法

  1. PandA(https://panda.ecs.kyoto-u.ac.jp/)にログイン
  2. 当該科目のコースサイトに接続
  3. [ VDI ]リンクをクリック
  4. 画面左のリストから「(私の)予約」をクリック
  5. 利用する科目名の[ 接続 ] ボタンをクリック
  6. パスワードを入力
  7. VDIのデスクトップが表示される

詳しくは以下URL を参照ください。

▼仮想型端末の利用
https://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/ecs/virtual_terminal/use/use_vdi.html

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.