コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 情報教育支援サービス
  4. PC端末の利用(OSL、サテライト演習室)
  5. 利用方法
  6. Windows7の利用について(PC端末サービス)

Windows7の利用について(PC端末サービス)

ご利用いただけるソフトウェア(抜粋)

Windows7では, 次のソフトウェアがご利用いただけます. 教室により利用出来るソフトウェアが異なります.

また, VirtualBoxを利用して, Linux(VineLinux)にインストールされたソフトウェアがご利用いただけます.

なお, PC端末に導入しているMicrosoft Officeは, Microsoft School Agreementに基づいてライセンスを受けています. Microsoft School Agreementの製品表および製品使用権説明書はこちらをご覧ください.

Web閲覧

  • Microsoft Internet Explorer
  • Firefox

Linux

  • VineLinux

文書作成

  • Microsoft Word 2010
  • EasyTex
  • LibreOffice Writer
  • TeXWorks

表計算・統計

  • Microsoft Excel 2010
  • R
  • RStudio
  • SPSS ※1 ※2
  • LibreOffice Calc
  • JMP

プレゼンテーション

  • Microsoft PowerPoint 2010
  • LibreOffice Impress

データベース

  • Microsoft Access 2010
  • LibreOffice Base

PDFの作成

  • CubePDF(作成)

圧縮解凍

  • Lhaplus

文書閲覧

  • Adobe Reader (閲覧)

プログラミング

  • ActivePerl
  • ActivePython
  • ActiveTcl
  • Anaconda
  • Eclipse
  • GNU Octave
  • Haskell
  • Microsoft Visual C++ 2010 Express Edition
  • Microsoft Visual Basic 2010 Express Edition
  • Microsoft Visual C# 2010 Express Edition
  • MIT-GNU Scheme
  • Objective Caml
  • Racket
  • Ruby
  • WinHugs

マルチメディア再生

  • QuickTime
  • RealPlayer
  • Windows Media Player

ユーティリティ

  • AltIME
  • dviout
  • Ghostgum
  • Ghostscript
  • Google Earth
  • Sound Engine
  • Type Trainer (キー入力練習ソフト)
  • RefWorks Write-N-Cite

図形描画

  • Dynamic Draw
  • Irfan view
  • LibreOffice Draw

テキスト編集

Windows7標準のメモ帳のほか, 以下のものがご利用いただけます.

  • Emacs
  • Meadow
  • TeraPad
  • Vim
  • サクラエディタ
  • 秀丸エディタ

通信

  • TeraTerm Pro
  • WinSCP

専門ソフト

  • BlueJ
  • CCP4
  • ChemSketch
  • Cn3D
  • Cygwin
  • EPANET
  • EViews
  • GeoGebra
  • gnuplot
  • ImageJ
  • JMAG-Designer ※1
  • LibreOffice Math
  • MANDARA
  • Maple
  • MEGA
  • OlyVia
  • Pymol
  • RasMOL
  • Scilab
  • TreeView
  • Weka
  • WinCOOT

Adobe WebPremium CS4 ※1※3

  • Adobe Illustrator ※1※3
  • Adobe Photoshop ※1※3

ウィルス対策

  • ウイルスバスターコーポレートエディション

(2016年9月29日現在)

※1:同時接続数制限あり
※2:Base, Advanced, Regressionがご利用いただけます
※3:メディアセンター南館303教室または, メディアセンター南館OSL東・OSL西, メディアセンター北館OSL, 附属図書館, 吉田南総合図書館でご利用いただけます

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.