コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 情報教育支援サービス
  4. PC端末の利用(OSL、サテライト演習室)
  5. 利用方法
  6. はじめにお読みください(PC端末サービス)

はじめにお読みください(PC端末サービス)

導入ソフトウェアの紹介など

Windows 7でご利用いただけるソフトウェア
Linux(VineLinux)の利用について

利用にあたっての注意

ファイルの保存について

保存はデスクトップにあるマイドキュメント(Mドライブ)又は,持参したUSBメモリに行ってください. マイドキュメントは一人当たり300MByte(Linuxでの利用分も含む)までご利用いただけます.

印刷について

印刷は年間200枚ご利用いただけます.200枚を超えると授業中に印刷することが出来なくなりますので,計画的にご利用ください.効果的にプリンタをご利用いただくための情報(作成中)を公開していますので参考にしてください.印刷枚数を超えるまたは,A3印刷やカラー印刷を行いたい場合は,京都大学生協(吉田ショップ,時計台ショップ)の有料印刷サービスをご利用ください.

なお,プリンタは2種類あります.

  • 認証付きプリンタ

学術情報メディアセンター南館 OSL 東/西, 学術情報メディアセンター北館 OSL, 附属図書館 3F 閲覧室情報端末エリアに設置されています.ICカード(学生証,職員証)による認証が必要な印刷が出来ます.ICカードを持っていない利用者の場合,非認証による印刷も可能です.印刷方法はこちらを参考にしてください.

  • 非認証プリンタ

印刷要求をすると直接印刷される通常のプリンタです.

その他利用に関するTIPS

  • IEのメニューは[Alt]キーを押下すると表示されます.履歴の削除や印刷メニューを表示したい場合は,上記操作から行ってください.
  • ログイン時に[言語/Language]を「English」にしてログインすると,表示が英語になります.アプリケーションによっては日本語で表示されます.
  • 教育用端末サービスはECS-ID,またはSPS-IDで利用することが出来ます.なお,SPS-IDで利用する場合は,Mドライブ(ホーム領域)はありません.そのためLinuxなど一部Mドライブを利用するアプリケーション等が使用できないことがあります.授業利用のためこのSPS-IDの制限を解除出来るホームディレクトリ利用申請(教育用PC端末からのみアクセス出来ます)を行ってください. 申請後端末を再起動してログインし直すとSPS-IDでMドライブ(ホーム領域)を使うことが出来るようになります.

利用可能時間

ご利用になっているOSL, 演習室ごとに異なります. メディアセンター南館OSLの場合は平日10:00~20:00/土曜10:00~18:00の間ご利用いただけます. なお, 夜間処理のため午前1時から5時までの間は, 24時間開放している演習室についてもPC端末はご利用いただけません.

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.