コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 情報教育支援サービス
  4. 遠隔デスクトップサービス

遠隔デスクトップサービス

遠隔デスクトップサービスは,本学の学生・教職員に対して自宅や研究室といった遠隔地から教育用コンピュータシステムの端末サービスの一部を利用することが出来るサービスです.自宅での自学自習や,遠隔地での授業の準備などにご利用頂けます.

遠隔デスクトップサービスの概要

利用資格

本学の学生,教職員(ECS-ID, SPS-ID保持者)

遠隔デスクトップサービスの申し込みについて

下記のオンライン申請フォームから利用申請をしてください.

URL: https://xdums.ecs.kyoto-u.ac.jp

  • 学生は学生アカウント(ECS-ID),教職員は教職員アカウント(SPS-ID)でログインしてください.
  • 利用承認された翌日から利用開始になります.

遠隔デスクトップサービスの利用期間について

    30日間(利用申請日も含む)

    サービスの利用には利用期間が設けられており,期間を超過すると自動的に利用出来なくなります.利用期間の超過後も利用したい場合は,再度利用申請をしてください.

    利用できるソフトウェア

    • ブラウザ
    • Microsoft Office
    • Microsoft Visual Basic Express
    • Microsoft Visual C# Express
    • Microsoft Visual C++ Express
    • Cygwin
    • R
    • TeX
    • Linux(VineLinux)

    学外ネットワークからの利用について

    遠隔デスクトップサービスは学内限定サービスです.学外のネットワークから利用する場合はKUINS-PPTP,SSTP,OpenVPNサービスや,KUINS Flat(UQ-WiMAX)を併用して学内ネットワークに接続してからご利用ください.

    <KUINS-PPTPサービスの使い方>
    http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/kuins/

    お願い

    利用人数に制限がありますので,必要な範囲内でご利用いただきますようお願いいたします.

    遠隔デスクトップサービスの使い方

    遠隔デスクトップサービスはお手持ちのPC端末のブラウザから起動します.
     

    Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.