コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 情報教育支援サービス
  4. プリンタサービス
  5. サポート
  6. プリントTips

プリントTips

ここではプリンタの使用量を抑えるためのTipsをまとめています.プリンタを使用するときの参考にしてください.

Windowsでプリンタを使用する場合

まずページ数を確認し,印刷プレビューを見ながら無駄なく出力できるように調整しましょう.

Wordを使用する場合
「印刷プレビュー」を表示して,印刷の「拡大/縮小」オプションで,1枚あたりのページ数を設定することが出来ます.
注記) 印刷から直接,「2ページに設定すると極端に縮小して印刷される」不具合があります
Excelを使用する場合
改ページプレビュー改ページプレビューを利用し,改ページ位置を調節しましょう.改ページプレビューは「表示」メニュー,または「プレビュー」から利用できます.

また,余計なセルに数値が入っていないかどうか確認しましょう.

セルは枠をドラッグすることによって大きさを変えることができます.また右クリックで表示されるメニューの「セルの書式設定」で,セル内での文章の表示の仕方を変えることができます.セルの余白が必要以上にある場合,またはセル内から文章があふれてしまうような場合はセルの大きさや表示の仕方を変えてみてください.

表を用紙一枚以内に収めたい場合は「ページ設定」→「ページ」タブの「拡大縮小印刷」欄で横と縦をそれぞれ「1ページ」に設定すると,用紙一枚のサイズに表を調節して印刷することが出来ます.

大きな表の一部分だけ印刷したい場合は,まずその部分を選択し「印刷」→「印刷対象」オプションで「選択した範囲」を選ぶと,選択した部分のみの印刷ができます.
PowerPointを使用する場合
「印刷」ウィンドウの左下あたりに「印刷対象」という項目があります.ここを「配布資料」にすることで,配布資料用の縮刷印刷ができます.
Internet Explorerを使用する場合
Webページの印刷は意外とむずかしいものです.まめにプレビューして確認しましょう.プレビューする際は下側・右端を確認してください.
もし画像を必要としない場合,文章のみをメモ帳などにコピー&ペーストして印刷するのもよいでしょう.
また「印刷」→「レイアウト」→「詳細設定」で拡大・縮小を行うことができます.お試しください.
PDFファイルを印刷する場合
シートごとに印刷するページ数を変更
「印刷」画面にある「プリンタ」の「プロパティ」→「レイアウト」タブにある「シートごとのページ」というオプションで,一枚あたりに印刷するページ数を変えることができます.

OSL・サテライト以外の場所でプリンタを使用する場合

メディアセンターのプリンタ以外に印刷できる環境をお持ちの方は,メールに添付する・ USB 接続のフラッシュメモリを使うなどしてファイルをコピーし印刷しましょう.

出力したものを有効に活用するためには

印刷物の校正には拡大コピーが便利です.
多くの注意点を同時に確認するのは困難です.そのため,校正にはチェックリストを作成すると便利です.タイトル,見出し,脚注,図表,文献,数式などは校正漏れしやすいので注意しましょう.
マーカーなどを合わせて使いながら視覚的にチェックするようにしましょう.

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.