コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 情報教育支援サービス
  4. BYODパイロット事業
  5. サポート
  6. VDI授業支援環境の試用・評価(公募)

VDI授業支援環境の試用・評価(公募)

Apache VCL(Virtual Computer Labratory)による、VDI(Virtual Desktop Infrastrucutre)の授業支援環境のテストベッドを利用して、VDI環境を試用・評価いただけます。

公募要項

情報環境機構が構築したApache VCL(以降VCLテストベッドと呼びます)のWebインタフェース経由で以下の機能を試用・評価いただけます。

  • VDI環境の利用予約および試用
  • 基本雛形(CentOS, Ubuntu, Windows10)をベースにした独自VDI雛形の作成および事前テスト
    • ※有償ソフトウェア等のライセンスは利用者側でご準備いただきます
    • ※Windows10はライセンスのより大学所有のPC端末からの利用に限ります。

なお、後日、VDI環境の試用・評価についてアンケートの実施を計画しておりますので、ご協力お願いします。

募集期間

平成29年3月より平成29年9月末まで、随時、応募を受付けますが、授業利用を優先し、試用時間を調整する場合もありますので、あらかじめご了承ください。

利用申込

「VCLテストベッド利用申込書」をダウンロードして、必要事項を記入し、メールにて企画・情報部情報基盤課学習用メディア管理掛まで提出してください。公募・試用・評価は、本学の教員限定になります。

授業利用について

以下の内容でVCLテストベッドの授業利用を公募します。利用を検討頂ける場合、、ハードウエア資源の制約など、受講人数の制約などもありますので、事前にメールにて相談をお願いします。

  • 科目担当者の氏名、メールアドレスなどの連絡先、実施科目の曜日、時限、履修学生数、使用OSなどを事前にメールでお知らせください。
  • テストベッドのサーバ資源が限られておりますので、授業時限、曜日なども踏まえ、実施可能か否か調整させて頂きます。
  • 授業利用の事前相談の締め切りは、前期は3月31日(金)、後期は9月29日(金)とします。
  • 受入れの可否等はメールにてお知らせします。授業利用開始までに、「VCLテストベッド利用申込書」に必要事項を記入し、提出ください。

利用マニュアル

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.