コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. コンピューティングサービス
  4. 大判プリンタの利用
  5. 利用方法
  6. 出力端末の使用方法

出力端末の使用方法

出力端末のログインと印刷指示

学術情報メディアセンター(北館)3階の「大判プリンタ出力室」に,大判プリンタと出力端末を設置しています.

こちらの出力端末は,大判プリンタの出力専用パソコン(Windows 8.1)です. 大型計算機システムのアカウント(ID・パスワード)で利用認証を行う必要があります.

出力端末

tanmatu_2.jpg

大判プリンタHP4520 (故障中)

tanmatu_3.jpg

大判プリンタHP T1530

tanmatu_3.jpg

出力端末にログインする

大型計算機システムのIDとパスワードを入力してログインして下さい.
その際,ログイン先が「pGina」となっていることを確認して下さい.

tanmatu_3.jpg

メディアを装着する

印刷データが保存されたメディア(「USBフラッシュメモリ」や「CD-R/RW」など)を出力端末に装着します.

※出力端末にも印刷データを作成するための仮想プリンタドライバはインストールされていますが,原則ユーザ環境であらかじめ印刷データを作成して持参してください.
なお,出力端末にはHP T1530用の仮想ドライバがインストールされていますが,作成した印刷データをHP4520に出力することも可能です.

右クリックの「送る」で実際に出力する

印刷データを選択し,右クリックの「送る」で大判プリンタを選択します.
印刷データの転送がはじまると黒いウィンドウが開きます.

なお,出力の前に,印刷データを出力端末にコピーしておくことをお勧めします.

okuru.png

用紙サイズと印刷枚数を入力する

データ転送が完了すると,次のようなダイアログが出ます.

使用する用紙のサイズを入力して下さい.

用紙サイズを入力

続いて,印刷枚数を入力して下さい.

印刷枚数を入力

OKを押すと,入力内容の確認ダイアログが出ます.
内容を確認して問題なければ「はい」を押して下さい.
入力に誤りがあった場合には,「いいえ」を押すと再入力できます.

印刷内容確認画面

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.