コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. コンピューティングサービス
  4. 大判プリンタの利用
  5. 利用方法
  6. Macでの印刷データの生成(HP4520)

Macでの印刷データの生成(HP4520)

HP PostScript ドライバのインストール

まずは,以下のURLからMac用のプリンタドライバを入手します.

ダウンロードしたインストーラ「Mac_OS_X_HP_Designjet_PS_Driver.dmg」を開いて,「Mac OS X Disignjet インストーラ」を起動し,「続行」をクリックして下さい.

インストーラの選択

インストーラの起動

ソフトウェアライセンス契約書が表示されたら「続行」をクリックします. ソフトウエア使用許諾契約の条件に同意するかどうかの確認画面が立ち上がりますので,「同意する」をクリックして下さい.

使用許諾契約

次の画面で「インストール」をクリックすると,インストールが始まります. 終了後にWeb登録画面に切り替わりますが,そのまま「続行」をクリックして下さい.

インストール

以下ウィンドウが表示されたら,「OK」をクリックします.

インストール完了

続いて,「HPプリンタ セットアップ アシスタント」 の表示確認がありますが,「キャンセル」で終了して下さい.

セットアップアシスタント

プリンタの追加

プリンタドライバのインストールが終わったら,次にプリンタの追加を行います.

「システム環境設定」>「プリントとファックス」で,「追加(+)」ボタンをクリックして下さい.

プリントとファックス

「プリンタの追加」の「IP」タブをクリックし,プロトコルを「HP Jetdirect - Socket」に設定します. アドレスは任意のもの(例えば,「192.168.10.12」)を指定して下さい.

IPタグの設定

ドライバから「プリンタソフトウエアを選択...」をクリックし,一覧から「HP Designjet 4520ps」を選択して「OK」をクリックします.

プリンタソフトウエア

次の画面で,ドライバが「HP Designjet 4520ps」に設定されていることを確認したら,「追加」をクリックして下さい.

プリンタの追加

最後に「プリンタとファックス」の画面で,プリンタが追加されているのを確認して下さい.

プリンタとファックス

アプリケーションから印刷

Adobe Illustrator (CS4:バージョン14)の場合

まず,「ファイル」メニューから「プリント...」を選択します.

Adobe Illustrator (CS2:バージョン12)から印刷する

ここでは様々な印刷設定をすることができますが,ここで紹介するのはあくまで一例ですので,自分の印刷したいポスターに適した設定を行うようにして下さい. 設定の方法は,基本的にWindows 版と同じですので,ここでは詳細説明を割愛します.

印刷設定の一例

「プリンタ」は先ほど追加したプリンタではなく,「Adobe PostScriptファイル」を選択し,「PPD」は「HP Designjet 4520ps」を選択します.

印刷設定

「用紙」は「A0」を選択します. また,「オプション」の「用紙サイズに合わせる」を必ず選択しましょう. 「拡大・縮小しない」を選択していると,Illustratorで作成したサイズのまま印刷されてしまいます.

「用紙」サイズを「カスタム」にすれば,「幅」や「高さ」をロール紙の範囲内に指定して出力を調整することもできます.

印刷設定(用紙サイズ設定)

「グラフィック」のオプションでは,フォントの「ダウンロード」を「すべてのフォント」に設定して下さい. ポスターのデザインに使用したすべてのフォントデータをダウンロードし,印刷結果をイメージ通りに再現することができます.

最後に「保存」をクリックして,印刷データをファイルに保存して下さい.

Microsoft PowerPoint の場合

「ファイル」メニューの「プリント...」を選択して下さい.

プリントの選択

「プリンタ」を,先にインストールしたプリンタ(192.168.10.12)に設定して下さい.
次に,画面左下の「ページ設定...」で出力する用紙サイズを確認します.

プリントの画面

「ページ設定」画面の右下にある「オプション...」を選択して下さい.

印刷の向きの設定

ここで,「用紙サイズ」を「A0」に設定しておきましょう. 設定が終わったら「OK」をクリックして下さい.
「プリント」ウィンドウに戻り,左下にある「PDF」のプルダウンメニューから「PDFをPostScriptとして保存」を選択します.

ページ設定の画面

PostScriptとして保存

適当なフォルダを選択し,適当な名前を入力して「保存」して下さい.

この印刷データを「USBフラッシュメモリ」や「CD-R/RW」などのメディアに保存し,印刷時に持参して下さい.

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.