コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. コンピューティングサービス
  4. 大判プリンタの利用
  5. 利用方法
  6. はじめに

はじめに

大判プリンタ(HP Designjet 4520PSおよびDesignjet T1530PS)は,36インチ(914mm)幅の用紙にカラー印刷することができるプリンタです. 学会のポスターセッション用の資料作成などにご使用ください.

大判プリンタ出力サービス概念図

プリンタ仕様

  • HP Designjet 4520PS
モデル B0対応(セットしてある用紙はA0ノビ(914mm)です)
製品番号 CM768A#ABJ
プリント方式 カラー・サーマルインクジェット方式
解像度 2400dpi × 1200dpi
ページ記述言語 HP-GL/ 2, HPRTL, AdobePostScript3, PDF1.5, TIFF, JPEG, CALS G4
マージン 左右5mm,前後5mm
  • HP Designjet T1530PS (試運転中)
モデル A0ノビ対応(914mm)
製品番号 L2Y24A#ABJ
プリント方式 カラー・サーマルインクジェット方式
解像度 2400dpi × 1200dpi
ページ記述言語 HP-GL/2, HP-RTL, AdobePostScript3, PDF1.7 ExtensionLevel3, TIFF, JPEG, CALS G4
マージン 左右3mm,前後3mm

利用の流れ

大判プリンタの利用の流れは,以下のとおりです.

nagare_4.jpg

ポスターをデザインする

大判プリンタでポスターを印刷するには,まずポスターをデザインすることから始まります.
デザインするにあたって,特にアプリケーションの指定はありません. PowerPointやIllustratorがよく使用されていますが,それ以外でももちろん可能です. メーカ提供のプリンタドライバを使い,大判プリンタ用の印刷データが正しく生成できれば,アプリケーションが何であれ問題はないでしょう.

ちなみに,プリンタなどの出力装置は,シアン(C)・マゼンタ(M)・イエロー(Y)・ブラック(K)の4色のインクで印刷します. 一方,PCのディスプレイは,レッド(R)・グリーン(G)・ブルー(B)の3色で表示するので,色味を完全に再現することはできません. ただし,一部のアプリケーション(Illustratorなど)には,YMCK形式に変換表示する機能がありますので,より印刷時に近い色味でデザインしたい場合などは,それを利用されるとよいでしょう.

ロール紙のサイズ(幅)と種類

大判プリンタにはあらかじめ36インチのコート紙をセットしています.
印刷可能な最大横幅は,HP4520,HP T1530共に900mm程度です.
用紙の持ち込み利用は禁止していますので,ご注意ください.

A0より大きなサイズで印刷したい場合は,必ず用紙の幅と長さを指定して下さい.
指定しないと途中で切れてしまいます.

ロール紙のサイズ(幅)と種類

印刷データ(プリンタファイル)を作成する

Windowsをお使いの方

プリンタドライバ(メーカーが提供しているもの)で仮想の大判プリンタをインストールし,そこからデータを出力することで印刷データを作成します.

アプリケーションとプリンタドライバの相性が悪かったり,デザインしたポスターのオブジェクト自体に何らかの問題があった場合,正しい出力結果が得られないことがありますので,ご注意ください.

Macをお使いの方

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.