コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. コンピューティングサービス
  4. ライセンスサービス
  5. 利用方法
  6. ENVI / IDL

ENVI / IDL

ENVI/IDLの利用について

ENVI/IDL は,U.S. Export Administration Regulations(EAR)を含む米国の輸出管理に関する法令の規制対象であり,米国HARRIS社の End User License Agreement(EULA) および Export Classification の内容に合意した方のみ利用可能です.

なお,本ソフトウェアは,キューバ,イラン,北朝鮮,スーダン,シリア,その他米国が輸出制限措置を講じている国もしくはその国民・居住者においてダウンロードし,またはこれらの国もしくはその国民・居住者に向けて輸出もしくは再輸出できません.なお,米国輸出管理法では,日本国内においても米国原産の技術情報やソースコードを日本以外の国籍者(永住権を持つ者を除く)に開示する場合には,その外国籍者の本国への再輸出(「みなし再輸出」)とみなされますので,ご注意ください.

利用者の皆様におかれましては,関係法令等を理解した上でご利用いただきますよう,お願い致します.

提供バージョン

  • ENVI 5.5
  • IDL 8.7

利用可能OS

  • ENVI 5.5 / IDL 8.7
    • Windows 7, 8, 10 (x64のみ)
    • Mac OSX 10.9, 10.10

ダウンロード

利用申請承認後,以下のインストールイメージをダウンロードしてください.

ENVIインストールイメージ

利用方法

ライセンスサービスの申請は,利用者ポータルで行えます.以下にライセンス申請の手順を解説します.

新規/追加ライセンス申請手順

    1. 利用者ポータルへアクセスし,利用者番号(ユーザ名)パスワードを入力してください.
license_01.png
  1. メニュータグまたはトップメニューのアプリケーション申請を選択してください.

    license_02.png

  2. サイドメニューのライセンスサービス>ENVI/IDLを選択してください.

    license_07.png

  3. ライセンス申請フォームにて,プラットフォーム(OS),ライセンス数(インストールするマシン台数分),支払予算を選択・入力し,同意して,申請するをクリックしてください.

    license_08.png

  4. 申請受付後,メールにてライセンス情報を送付いたします.インストールイメージをダウンロードして,ご自身のPCにENVI/IDLをインストールして,ご利用ください.
 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.