認証システム

サービス全般のご案内

利用手続・規程類

マニュアル・ガイドブック類

参考資料

ECS-ID(学生アカウント)

利用方法

SPS-ID(教職員アカウント)
認証ICカード、施設利用証等

サポート

シングルサインオンサービス

利用方法

クライアント証明書発行システム

利用方法

コンテンツ

  1. ホーム
  2. 提供サービス
  3. 認証システム
  4. シングルサインオンサービス

シングルサインオンサービス

シングルサインオンとは

複数のWebシステムを利用するとき,どれか一つでログイン操作しておくと,他のシステムではログイン操作をすることなくシステムを利用できるようにする仕組みです.

例えば京都大学では教職員グループウェア全学生共通ポータルがそれに該当します.

サービスの概要

本サービスではShibbolethというSAMLに準拠したWebシングルサインオンシステムを利用してSPS-IDまたはECS-IDの両者を用いたWebログイン環境を提供しています.

Shibbolethでは電子的なコンテンツを提供するシステム(ServiceProvider、SP)とログインを提供するシステム(IdentityProvider、IdP)が独立しており,SPとIdPの組織が違ってもシングルサインオンが可能です.

本サービスは国立情報学研究所の推進する学術認証フェデレーションに参加しております。当該サイトの技術ガイドはSPを構築する際の参考にしてください.

利用可能な環境

現在はWebホスティングサービスVMホスティングサービス,その他Webサーバで利用可能です。特にWebホスティングサービスであれば利用者は複雑なサーバ構築の手間が省けるのでおすすめです.本サイトのサポートではWebホスティングサービスを利用した場合のSPの構築方法を紹介しています。またこちらで京都大学の教職員学生向けのShibbolethを使ったサービスを確認できます.

サービス利用申請

利用申請はこちらから行ってください.

利用方法

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.