コンテンツ

  1. ホーム
  2. よくある質問
  3. 全学メール
  4. 学生用メール(KUMOI)アドレス関係取得変更等

学生用メール(KUMOI)アドレス関係取得変更等 よくある質問

基本的にメールアドレスは内部進学でも継承してご利用できるように設定しています.もしもメールアドレスが変更されている場合は、学生証および学生アカウント(ECS-ID)が記載されたアカウント通知書を持って,情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)へ問い合わせください.

学生から研修員・日本学術振興会特別研究員になられるということですので,学生アカウントおよび学生用メールは基本的に引き継ぐことができます.なお、身分変更手続きが必要となりますので京都大学発行の身分証をご持参のうえ情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)までお越しください.

教職員用メール(KUMail)をお持ちの場合,学生用メールは教職員には発行されません.

以下の京都大学学生アカウント管理のWebページで確認できます。
https://ecs.iimc.kyoto-u.ac.jp/

表示された画面の「学生アカウントなど設定変更」でECS-IDとパスワードを入力すると、左側に利用者メニューが表示されるので、その中の「メール転送設定」をクリックします。転送設定画面上にメールアドレスが表示されています。あとは、左側の利用者メニューでログアウトしてください。
ECS-IDとパスワードをお忘れの場合は、学生証または職員証を持参の上、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)にて申請を行ってください。

メールアドレスは自動生成であり、変更できません。ただし、改姓・結婚等で氏名が変わった場合やストーキング被害を受けている場合にのみ変更を受け付けます。また、明らかな間違いがある場合や相応しくない場合は、修正を受け付けます。該当する方は、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)へ利用者本人が身分証(学生証、職員証)をお持ちになりお問い合わせください。

原則として京都大学の学生に対するサービスとなります。

  • 学生(正規生・非正規生):全学メール(学生用メール)が利用可能です。
  • 教職員:全学メール(教職員用メール)KUMailが利用できる場合は、KUMailを利用してください。KUMailが利用できない場合は、全学メール(学生用メール)が利用可能です。

※原則としてSPS-IDをお持ちの場合はKUMailが利用可能です。まずはSPS-IDが取得可能かご確認ください

  • 名誉教授:全学メール(学生用メール)が利用可能です

学生アカウント(ECS-ID)を取得済の学生・名誉教授であれば、学生用メール(KUMOI)アドレスはすでに作成されています。学生以外で教職員アカウント(SPS-ID)を取得できない方は、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)へ利用者本人が身分証(職員証など)をお持ちになりお問い合わせください。

原則として自己都合によるメールアドレスの変更は認めていませんが,合理的な理由と認めた場合には変更することができます.
ただし,メールアドレスの英数字はシステムで自動生成されますので,ご希望の英数字に変更できるわけではありませんので,ご了承ください.

メールアドレスの変更をご希望の場合は,情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)にご相談ください.

原則として自己都合によるメールアドレスの変更は認めていません.但し,合理的な理由と認めた場合には変更することができますので,情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)にご相談ください.

原則として自己都合によるメールアドレスは認めていません.但し,改姓、改名など合理的な理由と認めた場合には変更することができますので,情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)にご相談ください.

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.