コンテンツ

  1. ホーム
  2. よくある質問
  3. 情報セキュリティ
  4. PCの利用

情報セキュリティ よくある質問

PCの利用

Symantec Endpoint Protection のバージョンアップ/インストールをしたい

Symantec Endpoint Protection では,定義ファイルの更新は通常自動で行われますが,ソフトウェア本体の更新は手動で行う必要があります.

バージョンアップ/インストールの手順(京大生協で購入したWindowsの場合)

  1. 京大生協の「ソフトウェアダウンロードサイト https://dls.s-coop.net/ 」にアクセスし、「シマンテック」の「ログイン認証」に進みます.
  2. 生協から発行されている「ライセンス確認証」に記載されたIDとパスワードを入力し,ログインします.不明な点は各部局のライセンス管理者にご確認ください.
  3. PCのOSに応じたインストーラをダウンロードし,実行します.(インストーラのファイル名の例:Symantec_Endpoint_Protection_14.0.0_MP2_Win64-bit_Client_JP.exe)
  4. ユーザーアカウント制御の確認(このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?)が出のので「はい」をクリックします.
  5. 「Symantec Endpoint Protection のインストールウィザードへようこそ」の表示が出るので「次へ」をクリックします.
    インストールウィザードへようこそ画面

  6. 「使用許諾契約」の表示で,契約内容を確認の上「使用許諾契約の条項に同意します」を選択し「次へ」をクリックします.
    使用許諾契約画面
  7. 「セットアップ種類」を選択(通常は「標準」)し「次へ」をクリックします.
    セットアップ種類選択画面
  8. 「ファイル評価データ提出」の表示で,必要な場合はチェックを外し「次へ」をクリックします.
    ファイル評価データ提出画面
  9. 「プログラムをインストールする準備ができました」の表示で,「インストール」をクリックします.
    プログラムをインストールする準備ができました画面
  10. 数分程度で「インストールウィザードが完了しました」の表示となるので,「完了」をクリックします.
    インストールウィザード完了画面
  11. 再起動を確認する画面が表示されるので,準備ができ次第「今すぐに再起動」をクリックします.
    再起動確認画面
  12. 再起動が完了したら,バージョンアップ/インストール完了です.
 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.