コンテンツ

  1. ホーム
  2. よくある質問
  3. 認証システム
  4. ECS-ID関係

ECS-ID関係 よくある質問

更新日:2017年10月4日

全学生共通ポータルサイトは学生専用となっていますので,学生以外の方はご利用いただけません.学生以外のみなさまは、お手数ですが各サービスの入り口からログインしてご利用ください.

【学生用メール(KUMOI)】 https://mail.st.kyoto-u.ac.jp/

【図書館機構オンラインサービス(MyKULINE)】 https://kuline.kulib.kyoto-u.ac.jp/

有効化期限の延長手続きが必要です。

有効化期限切れ対応申請書と京都大学発行の身分証をお持ちになり、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)あるいは各代行受付所にお越しください。なお、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)以外では当日処理ができませんのでご注意ください。

情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)へお問い合わせください。その際、学生番号やECS-ID(学生アカウント)の情報をお聞きすることがあります。なお、パスワードは大切なものです。こちらからお聞きするようなことは絶対にありませんので、決して他人に漏らさないよう、ご注意願います。

各サービスをクリックしてもエラーになる場合は、各サービス窓口にお問い合わせください。

【各サービスの問い合わせ先】

  • 教務情報システム(KULASIS) : 吉田南1号館1F窓口
  • 図書館機構オンラインサービス(MyKULINE) : 附属図書館の窓口、あるいはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
  • 学生用メール(KUMOI) : 情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)、あるいはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
  • 情報セキュリティe-Learning : 情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)、あるいはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

あなたのECS-ID(学生アカウント)が他の方に利用されている可能性があります。大至急、京都大学全学アカウント管理にアクセスして、パスワードを変更してください。その上で情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)にご連絡ください。

パスワード再設定のための新しい有効化キーを発行します。

パスワード・ID忘れ対応申請書と京都大学発行の身分証をお持ちになり、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)あるいは各代行受付所にお越しください。なお、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)以外では当日処理ができませんのでご注意ください。

長期遠方滞在の場合は郵送受付も可能ですが、電話・メールでの申請は受け付けていませんのでご了承ください。

教職員または非常勤職員へ身分変更される場合は、SPS-ID(教職員アカウント)が発行され、教職員用メール(KUMail)が利用可能となりますので、ECS-ID(学生アカウント)は取得できません。なお、現在お使いのECS-ID(学生アカウント)は6月末に利用できなくなりますので、格納ファイルのバックアップ、学生用メール(KUMOI)から教職員用メール(KUMail)への移行をご自身でお願いします。

今まで利用されていたECS-ID(学生アカウント)とパスワードを継続してご利用いただけますが、身分変更の手続きが必要です。

利用継続申請書と京都大学発行の身分証をお持ちになり、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)あるいは各代行受付所にお越しください。なお、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)以外では当日処理ができませんのでご注意ください。

今まで利用されていたECS-ID(学生アカウント)とパスワードを継続してご利用いただけます。

研究生の身分証の受取り時に所属学部等(研究科等、附置研究所、センターなどを含む)から、今まで利用されていたECS-ID(学生アカウント)が記載されたアカウント通知書の入った青い封筒を手渡されます。有効化処理は必要ありません。

もし、アカウント通知書に記載されたECS-ID(学生アカウント)が今まで利用されていたECS-ID(学生アカウント)と異なる場合は、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)にご連絡ください。

学生以外の方については、年度毎に利用延長の手続きが必要です。利用停止1か月前に学生用メール(KUMOI)でその旨ご案内いたしますので利用継続申請書と京都大学発行の身分証をお持ちになり、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)あるいは各代行受付所にお越しください。なお、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)以外では当日処理ができませんのでご注意ください。

卒業・修了あるいは退学日など学籍を失った時点でサービスを受けていただく権利はなくなります。ECS-ID(学生アカウント) は適宜停止しますが、停止前に学生用メール(KUMOI)宛てにその旨ご案内いたします。

京都大学全学アカウント管理でパスワードが変更できます。学生用メール(KUMOI)の転送設定も可能です。

8文字以上、16文字以下の英文字(大文字&小文字)と数字で設定してください。記号(一部使用不可)を加えるとより強固なパスワードになります。生年月日や電話番号、氏名、辞書の単語、著名人の名前等の固有名詞など容易に類推できる文字列での設定は避けてください。

京都大学全学アカウント管理にはログインできるが図書館機構オンラインサービス(MyKULINE)にログインできない場合は、図書館機構のサイト内、[オンラインサービス利用案内]-[利用するための手続き]を参照するか、最寄りの図書館・室にお問い合わせください。

まず、ECS-ID(学生アカウント)と学生用メール(KUMOI)を取得してください。新規利用登録申請書と京都大学発行の身分証をお持ちになり、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)あるいは各代行受付所にお越しください。なお、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)以外では当日処理ができませんのでご注意ください。

次に、京都大学全学アカウント管理でECS-ID(学生アカウント)の有効化を行ったうえで、教職員用メール(KUMail)の自動転送機能を利用して学生用メール(KUMOI)へ転送設定してください。

SPS-ID(教職員アカウント)と認証ICカードは財務会計システムをご利用いただくために配付しています。

京都大学が提供するメールの利用をご希望の場合は、ECS-ID(学生アカウント)と学生用メール(KUMOI)を取得してください。新規利用登録申請書と京都大学発行の身分証あるいは日本学術振興会発行の身分証をお持ちになり、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)あるいは各代行受付所にお越しください。なお、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)以外では当日処理ができませんのでご注意ください。

正規生及び非正規生に係わりなく、ECS-ID(学生アカウント)及び学生用メール(KUMOI)を提供します。

4月(10月)入学の学生については、所属学部等(研究科等、附置研究所、センターなどを含む)からECS-ID(学生アカウント)が記載されたアカウント通知書の入った青い封筒を手渡されます。

4月(10月)入学以外の学生については、新規利用登録申請書と所属学部等から発行された身分証明書をお持ちになり、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)あるいは各代行受付所にお越しください。なお、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)以外では当日処理ができませんのでご注意ください。

また、電話・メールでの申請は受け付けていませんのでご了承ください。

一度学生として在籍された方には同じECS-ID(学生アカウント)および学生用メール(KUMOI)をお渡しする仕組みになっています。

もし、アカウント通知書に記載されたECS-ID(学生アカウント)が今まで利用されていたECS-ID(学生アカウント)と異なる場合は、情報環境支援センター(学術情報メディアセンター南館1F)にご連絡ください。

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.