コンテンツ

  1. ホーム
  2. よくある質問
  3. 認証システム
  4. 生協電子マネー

生協電子マネー よくある質問

生協の組合員の方のみ利用可能です。
生協に加入されていない方は、生協ショップカウンターもしくは生協本部・組合員センターにてご加入ください。
加入時には出資金をご用意ください。出資金は脱退時に返還されます。

出資金  学生・院生 20,000円、   教職員 10,000円

加入手続き後、数日で組合員番号を記載したシールの交付があり、使用が可能になります。

大学から交付されるICカード(認証ICカード、IC学生証)を生協ショップレジにてご提示ください。生協レジにてICカードに簡単な電子マネーの初期設定を行います。
また、組合員番号を記載したシールが交付されますので、ICカード裏面の所定の場所に貼付してください。

組合員番号シール(イメージ)
seikyo_seal.jpg

  • 新入生の方は手続きが集中するため別途ご案内いたします。

新しいICカードへの電子マネー初期設定が必要です.
古いICカードと新しいICカードを生協レジへお持ちください.電子マネーの初期設定ならびに旧カードの電子マネー残高や貯まったポイントを新カードに移行します.
併せて「組合員番号シール」が交付されますので,カードの裏面の所定の位置に貼付してください.
なお,卒業予定年や所属の変更など書面上の更新手続きは別途行ってください.学部生については,学部卒業前に手続きのご案内を送付いたします.

京大生協電子マネーサービスを停止するため、京大生協本部・組合員センターへご一報ください。その後、所属部局を経由して、ICカードの再発行を申請してください。ICカードは貸与品ですので再発行は原則、費用負担をお願いします。具体的には、京大生協でICカード用クーポンを購入し、所属部局の担当の方に、クーポンを渡して再発行を申請してください。
なお、ICカードクーポンには、1IC学生証(FeLiCaカード)・施設利用証用と2認証ICカード(ハイブリッド)の二種類がありますので、購入の際には、どのカードの購入かを明示してください。
再発行されたカードは、改めて電子マネー初期設定が必要となりますので生協ショップへお持ちください。また、利用停止した時点の電子マネー残高(並びに貯まっていたポイント)がチャージされます。

加金機(吉田食堂・○○食堂に設置)にてチャージ(加金)するか、レジにてスタッフへチャージする金額を申し出てください。

チャージの上限は20,000円となっています。

利用金額表示を確認してレジ横のカード読み取り機中央にICカードをタッチしてください。「ピロロン」と電子音とともにご利用金額を引き落とします。

レシートに電子マネーの利用高、残高等が表示されますのでご確認ください。

故障について事情を所属部局の担当者に言って、再発行の申請を行ってください。
この場合、再発行は自己負担となります。また、京大生協電子マネーは故障した間使用できないので、全額補償されます。詳細は京大生協本部・組合員センターにお問い合わせください。

利用高に応じてポイントが付き、貯まったポイントは金券として利用できます。

ポイント率   100円に付き0.5ポイント
対象商品 食堂ならびにショップのお弁当、ドリンク、パン、食品等

貯まったポイントはレシートに表示されます。
1ポイント=1円の金券として利用できます。

「ポイントサービス券」を食堂・ショップの各レジで発行しますのでレジスタッフにお申し出ください。希望のポイント額を1ポイント単位で随時発行できます。

電子マネー、ポイントを使い切ったICカード(ならびに印鑑、身分証明書)を生協本部・組合員センターへお持ちください。出資金の返還を行います。返還が必要なカードをお持ちの方は、脱退手続き後に大学へICカードをご返却してください。
学部生、大学院生の方へは卒業予定年に脱退もしくは更新の手続き案内物を送付いたします。

認知度が上がれば、福利厚生並びに京大の少額決済として利用を拡大することも検討します。しかし当面、京大生協の決済に限らせていただきます。

旧生協組合員証に入っている電子マネー残高、ポイントデータを、大学ICカードに移行した後に回収します。今後は組合員証ではなくICカード裏面の組合員番号シールの有無で生協への加入を確認します。生協の店舗利用時には大学ICカードをご提示ください。

クレジット機能付の生協組合員証は、クレジットカードとしての機能のみとなります。

認知度が上がれば、福利厚生並びに京大の少額決済として利用を拡大することも検討します。しかし当面、京大生協の決済に限らせていただきます。

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.