1. TOP
  2. Information
  3. Event・Lectures
  4. Gaussian入門(オンライン講習)

コンテンツ

Event・Lectures

An introduction to Gaussian (Online Seminar)

publication date : Oct.13, 2020


非経験的分子軌道計算プログラムGaussianに関する講習および実習を行います.

受講環境に関する補足

  • 講習会は,Zoomを用いてオンラインで開催します.参加される方は,下記の環境をご用意ください.
    • ネットワーク回線
      • 回線の安定性の観点から,固定回線を推奨します
    • マウス,キーボードが利用可能な端末(WindowsまたはMac)
    • Webブラウザ (Chromeを推奨します)
  • スーパーコンピュータへの接続手段として,Webブラウザを使用します.
  • 講習会の言語は日本語のみとなります.This seminar is held in Japanese language only.

利用資格に関する補足

  • 実習はUnix環境で行いますので,Unixについての最低限の知識(シェルの操作や,テキストファイルの閲覧および編集)が必要です.
  • スーパーコンピュータは輸出管理規制の対象のため,講習会の受講も,外為法および関連法の規制の対象となりますので,ご注意ください.詳細は以下の「外国人及び海外在住者のスパコン利用について」をご確認ください.

外国人及び海外在住者のスパコン利用について
http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/comp/apply/other/gaikokujin.html

参加申し込みに関する補足

参加申し込み時に記入するメールアドレスは,必ずご自身の所属機関から発行されたものを記入してください(個人のプロバイダメールやフリーメール不可).

Date Nov. 20(Fri), 2020 from 13:00 to 17:00
Venue Online (Zoom)
Participation fees Free
Eligibility for participation Users of the large-scale computer system of this center, faculties, graduate and undergraduate students.
Application Required
Application Form End of reception because the capacity has been reached.
Application Period 2020/10/13 16:00:00 ~ 2020/10/14 09:10:36
Capacity 10
Sponsor Research Support Division
Inquiry 京都大学 企画・情報部情報推進課 研究情報掛
TEL:075-753-7407
E-mail:comp-infokudpc.kyoto-u.ac.jp
Inquiry Form
Program

【講習】

・はじめに

Gaussian 概要

GaussView 概要

計算化学プログラム

・使用するファイル

ファイル一覧

入力ファイル詳細

出力ファイル詳細

・計算化学の基礎

構造最適化(安定状態と遷移状態)

溶媒効果

・その他の話題

DFTにおける長距離補正/分散力補正

よく使うキーワード

最新版の情報

【実習】

・エタノール分子の構造最適化と基準振動解析

エタノール分子のモデリング

計算条件の設定(インプットファイルの作成)

計算の実行

計算結果の確認

- ログファイル(.log)

- チェックポイントファイル(.chk)

・便利な機能 -分子モデリング・分子軌道表示-

結合距離、結合角、二面角の変更

コピー&ペースト

MO Editor

・遷移状態探索計算

・溶媒効果を取り入れた計算

Back to Event・Lectures

 

Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.