コンテンツ

  1. HOME
  2. FAQ
  3. Information Security
  4. Using a PC

Using a PC FAQ

京都大学で利用が多いOS,ソフトウェア等のサポート中のバージョンおよび最新のセキュリティパッチが適用されているバージョンと確認方法は以下のとおりです.記載している情報は,2020年10月22日時点でセキュリティ対策掛が把握している情報です.この一覧の更新はおおむね3か月に1回程度行っています.

Following are the procedure to check the supported version of software and OS used in Kyoto University and the version which the latest security batch is adapted. The listed information is the one which Information Security Management Office grasp as of October 22,2020. The update of the list is carried out once in three month.

目次/Contents

OS

OSサポート中のバージョン/Supported versionバージョンの確認方法/Procedure to check the versionセキュリティパッチの適用確認方法/Procedure to security update
Windows 10
  • version 2004
  • version 1909
  • version 1903(Home,Pro等は2020年12月でサポート終了予定)
  • version 1809(Home,Pro等は2020年11月でサポート終了予定)
  • (version 1507,1511,1607、1703 はEOL(サポート終了))
  • (version 1709,1803(Home,Pro等)はEOL(サポート終了))

Windows のバージョン確認方法(Microsoft)
Windows lifecycle fact sheet(Microsoft)

Windows 10 の Windows Update の自動更新設定(Microsoft)
最終の更新日時を確認し,1か月以内の日付となっていることを確認してください.
Windows 8.X
  • Windows 8.1
  • (Windows 8(8.1でない)はEOL(サポート終了))
更新プログラムが正しくインストールされたか確認する方法(Microsoft)
最終の更新日時を確認し,1か月以内の日付となっていることを確認してください.
Windows 7
  • (サポート終了)
  • (Windows Vista以前はEOL(サポート終了))
macOS
  • macOS Catalina 10.15.6
  • macOS Mojave 10.14.6
  • macOS High Sierra 10.13.6
  • (macOS Sierra 10.12.6 以前はEOL(サポート終了)と推定)
Mac で macOS のバージョン番号を調べる(Apple) Mac のソフトウェアをアップデートする(Apple)
iOS/iPadOS
  • 14.1
  • (原則として最新版のみのサポートと推定)
iPhone、iPad、iPod のソフトウェアのバージョンを確認する(Apple) Apple社

iPhone、iPad、iPod touch の iOS ソフトウェアをアップデートする(Apple)

ウイルス対策ソフト/Antivirus software

ソフトウェア/Software

サポート中のバージョン/
Supported version
バージョンの確認方法/Procedure to check the version備考/notes
Windows Defender

OSのアップデートと合わせてセキュリティパッチの適用が可能です

ESET Endpoint Protection Advanced
  • Windows向け ESET Endpoint Security
  • macOS向け ESET Endpoint アンチウイルス

ESET社の以下のページをご覧ください。

プログラムのバージョンの確認方法(ESET)

ESET Endpoint Protection Advanced(ESET)

    ※ セキュリティ修正を含まない最新版

    ウィルス対策ソフトの定義ファイルの更新は基本的に自動で実施されますが,ウイルス対策ソフト本体の脆弱性修正版は手動で再インストールが必要な場合も多くあります.利用しているウイルス対策ソフトの開発元の情報を確認するようにしてください.

    Webブラウザ/Web browser

    ソフトウェア/Softwareサポート中のバージョン/Supported versionバージョン/セキュリティパッチの適用状況の確認方法/Procedure to security update
    Internet Explorer OSのアップデートと合わせてセキュリティパッチの適用が可能です
    Edge
    Safari
    Mozilla Firefox
    • 82.0
    Mozilla
    Firefoxのバージョンを確認するには
    Firefoxを最新バージョンに更新するには
    Google Chrome
    • 86.0.4240.111
    Google
    Google Chrome を更新する (バージョン確認の手順も含む)

    ※ セキュリティ修正を含まない最新版

    その他/Others

    ソフトウェア/Softwareサポート中のバージョン/Supported versionバージョン/セキュリティパッチの適用状況の確認方法/Procedure to security update
    Microsoft Office
    • Office 2013
    • Office 2016
    • Offce 2019
    • (Office 2010、2007 はEOL)

    Microsoft社
    使用している Office のバージョンを確認する方法(Windows)
    Office の更新プログラムをインストールする
    Microsoft Update に Office を更新します

    Microsoft Office Mac
    • Office 2019
    • (Office for Mac 2016、2011はEOL)

    Microsoft社
    使用している Office のバージョンを確認する方法(Mac)
    更新プログラムを自動的にチェックする

    Adobe Acrobat(PDF作成)
    • Acrobat DC (Continuous) 2020.012.20041
    • Acrobat 2019(Classic 2019)2020.001.30005
    • Acrobat 2017 (Classic 2017) 2017.011.30175
    • (Acrobat XI および XはEOL(サポート終了) )
    • (永続版の Acrobat DC(2015永続版) は2020年7月にサポート終了)
    Adobe社
    インストールされているバージョンとトラックを確認する
    Adobe Reader(PDF閲覧)
    • Acrobat Reader DC (Continuous) 2020.012.20041
    • Acrobat Readeer 2019(Classic 2019)2020.001.30005
    • Acrobat Reader 2017 (Classic 2017) 2017.011.30175
    • (Adobe Reader XI および XはEOL(サポート終了) )
    • (永続版の Acrobat Reader DC(2015永続版) は2020年7月にサポート終了)
    Adobe社
    Acrobat Reader DCのバージョンを確認する方法
    Adobe Readerのバージョンを確認する方法(Adobe Reader XI)
    Adobe Flash Player

    • 32.0.0.445 (2020年12月31日でサポート終了)
    動きのあるWebサイト等で利用されるソフトです.閲覧するサイトで利用していなければ無効にすることも検討してください.

    Adobe社
    Flash Player を有効にする方法(無効に設定する参考になります)
    Internet Explorer / Firefox / Chrome / Safari
    Mozilla Thunderbird
    • 78.4.0
    Mozilla
    Thunderbirdの更新
    Oracle Java
    • ※2

    Oracle
    Javaのバージョン確認
    どのJavaバージョンがWindowsまたはMacにインストールされているかを確認できますか

    Oracle Java SEサポート・ロードマップ
    参考

    ※ セキュリティ修正を含まない最新版
    ※2 Oracle Java SE について,ライセンスの条件等が変更になっています.学内での利用は基本的に商用利用に該当しますので,脆弱性を修正したアップデートは無償では利用できません.原則としてアンインストールをお願いします.(参考: Oracle Java SE サポート・ロードマップ )利用されるシステムでJavaが必要な場合は,OpenJDKなどの代替ソフトウェアのご利用をお願いします./ For Oracle Java SE, the terms of the license have changed. University use corresponds to commercial use, and update can not be used free of charge. Please uninstall it. (Reference: Oracle Java SE Support Roadmap) If you need Java, please use alternative software such as OpenJDK.

    なお,Adobe Reader,Firefox,Thunderbird などのソフトウェアは,MyJVN バージョンチェッカを利用して確認することも可能です.

    The personal computer has been damaged by a 'Fake anti-virus software' scam.
    One recent trend is that the symptoms of personal computers that have been damaged by viruses have become so serious that operations to restore the personal computers are not possible. The virus Gumblar has apparently damaged many computers. Just looking at web sites that have been tampered with will allow this type of virus to infect personal computers that have insufficient protection and security countermeasures.
    Steps to prevent damage from these types of 'Fake anti-virus software' scams are not limited to this virus in particular, but require implementation of basic, thoroughgoing security countermeasures.
    The Information Technology Promotion Agency (IPA) web site introduces examples of damage by viruses and other malicious software and describes appropriate countermeasures.
    Please read carefully the IPA web-site article 'A deepening crisis: damage done by fake anti-virus software.'

    The personal computer has been invaded by 'Fake anti-virus software.'
    One recent trend is that the symptoms of personal computers that have been damaged by viruses have become so serious that operations to restore the personal computers are not possible. The virus Gumblar has apparently damaged many computers. Just looking at web sites that have been tampered with will allow this type of virus to infect personal computers that have insufficient protection and security countermeasures.
    Steps to prevent damage from these types of 'Fake anti-virus software' scams are not limited to this virus in particular, but require implementation of basic, thoroughgoing security countermeasures.
    The Information Technology Promotion Agency (IPA) web site introduces examples of damage by viruses and other malicious software and describes appropriate countermeasures.
    Please read carefully the IPA web site article 'A deepening crisis: damage done by fake anti-virus software.'

    On a web browser, these kinds of images continue to appear after you have entered a one-click billing fraud page.
    Even if you reboot the personal computer, a registration screen for adult sites appears, and even if you close the screen, the continued appearing of the display is caused by a computer virus.
    The Information Technology Promotion Agency (IPA) web site explains why personal computers fall into this type of situation and what kinds of operations are dangerous. Finally, it also describes the steps needed to restore a computer.
    Please read carefully the IPA article on drastic increases in incident reports of one-click billing fraud:

     

    Copyright © Institute for Information Management and Communication, Kyoto University, all rights reserved.